猫を飼うときのお金はどれくらい?毎月の飼育費用と初期費用のまとめ

こんにちは、にゃんコロネです。

猫を新しくペットとして飼うのは、とてもワクワクする一大イベント。思わずソワソワして浮足立ってしまいますよね。だけど、そこで気になってくるのが「猫を飼うときに、お金はどれくらいかかるの?」という疑問。初めて猫を家族に迎え入れるのであれば、未知の領域ですよね。まったく想像していなかったところに費用が掛かることもあるし、反対に「えっ、こんなに安いの?」というケースもあります。

そこで私の猫との生活経験をもとに、毎月の飼育費用はどれくらいになるのか、初期費用はどのようなものにお金がかかるのか、スポットで発生するものなどトータルの出費について紹介します。楽しい猫との暮らしは目前!しっかり覚えておきましょうね。

猫の初期費用にかかるお金の目安

まずは一番初めに飼い主さんが負担しないといけない費用についてです。猫のために必要なものって、意外とたくさんです。買い物上手になれば、紹介する費用よりもっと安く購入できることもありますよ。

猫の購入費用

1番初めにかかるものと言えばこれ。猫そのものをペットショップから購入するために発生するお金です。猫の品種、希少価値、成長度合いによって価格もピンキリなのでハッキリと応えることはできませんが、100,000円は見ておくようにしましょう。希少価値が高いものだと、500,000円以上する子もいるんです。もちろん里親募集や友人から譲り受けたり、野良猫を拾ってくるなどであれば費用はほとんど発生しません。こだわりをあまり持っていないのなら、こういった方法もおすすめです。

キャリーケース

これは猫ちゃんを自宅まで連れて帰るときや、病院に連れて行くときに必要なものです。飼い主さんによっては寝床に活用する人もいらっしゃいます。まだまだ子猫であればバスケットでも大丈夫ですが、体重が2kg、3kgと増えるにつれてどうしても必要になってきます。それなりの機能を備えたものだと、5,000円~8,000円を見ておきましょう。

爪とぎ器

猫は習性で日常的に爪をガシガシと引っ掻くような仕草をする動物です。必ず必要だというわけではありませんが、爪とぎを用意していないとソファーや壁など高価なものが傷だらけになってしまいます。気にしないという人であれば費用は掛かりませんが、1,000円くらいで購入することができます。段ボール箱を重ねて手作りしたり、古くなったカーペットを代用している飼い主さんもたくさんいます。

猫用のトイレ

これも猫を飼うときの初期費用に含まれてきます。私たちと同じトイレを使うことはできないので、必ず専用のトイレを用意してあげましょう。これも価格はピンキリで安いものだと約1,000円で購入できます。ただ猫ちゃんのために、脱臭機能やデザイン性の高いものを選ぶと20,000円~30,000円に一気に跳ね上がります。私は裕福な暮らしをしているわけではなかったので、4,000円くらいの箱型とドーム型の2つを購入しました。

トイレは「猫の数+1」は必要になってくるので、1匹だけを飼うのであれば2つは用意しておきましょう。猫にとってトイレは神聖で重要な場所なので、安ければいいというわけではありません。トイレの選び方はとても大切になってきます。

餌入れや水の容器

餌入れや飲み水を入れるための容器も最初に用意しておくべきもの。これがないとキャットフードを食べることができないです。ヒゲが食器にあたらないように、食べやすいものを選ぶのであれば3,000円くらいで購入することができます。気に入らない餌入れだと、キャットフードの食いつきが悪くなってしまうので、意外とケチることができないものです。

食べこぼしをしないように広めの器で、重さがあり倒れにくいものだと猫ちゃんも気に入ってくれます。もちろんデザインや食器の材質によって価格は全然違うので、余裕があれば猫のことを考えた食器を購入してあげてください。こちらの餌入れの選び方の記事も参考にしてみてくださいね。

予防接種の費用

猫は思っている以上に病気にかかりやすいので、予防接種が欠かせないんです。費用は思っているよりも高くはなく、3,000円~5,000円の範囲内です。元気に暮らしていくために、代表的なワクチンを接種させておきましょう。

猫専用のベッド

初めて猫を飼うと、つい良いものを購入しがちになりますが、手作りをすることもできます。暖かさや程よい狭さを猫は気に入ってくれるので、段ボールやバスケットを上手に活用すればタダで作ることができます。愛情を持って作ってあげれば、十分に猫は喜んでくれるんです。購入する場合は、3,000円~10,000円あれば相当良いものを手に入れることができます。

猫に毎月かかる飼育費用

貯金箱と家計簿

これから猫と暮らしたいと思っている人にとって、ここが一番大きな問題になってきますよね。だけど、毎月かかる飼育費用は2つしかなくて、かなり費用も低く抑えることができるんです。それがキャットフード代と猫砂代です。私の場合ですが、1か月で約8,000円になります。

キャットフード代は約5,000円

何を食べさせるかによって食費が変わってくるのは当たり前ですが、キャットフード自体がそれほど高価なものが販売されていません。どんなに高くても1か月5,000円を見ておけばお釣りがくるほどです。私たちと違って、思っているよりも食費はかからないものなんです。缶詰タイプは比較的お値段が高いけど、1カ月分をまとめ買いをすれば相当安くなります。ドライタイプのキャットフードだと、もっと安くなって1カ月に約3,000円になります。

ちなみに、ほとんどの飼い主さんがドライタイプを選択していて、最近だと「モグニャン」というブランドが注目を集めています。私もこのキャットフードを食べさせていますが、白身魚の香りをすごく気に入ってくれていて、食いつきが抜群!毛玉も吐かなくなったので、毛玉対策にもすごくおすすめなんです。プレミアムフードなので、1袋当たりの値段が高めなのと、ネットでしか買えないというデメリットはありますが、それ以上の価値を感じています♪

「どれを選ぼうかな?」と悩んだときには是非、モグニャンキャットフードを試してみてください。獣医師さんもおすすめしているので、フードの栄養バランスもばっちりです。

モグニャンキャットフード

トイレの砂代は約3,000円

もちろん猫も私たちと同じようにトイレにいきます。野良猫があまりウンチやおしっこをしている姿を見たことがある人は少ないと思うので、初めて飼う人はいつトイレに行っているのか疑問に思っているかもしれません。でも一緒に暮らすと、やっぱり動物なので普通にトイレを使います。

ここで必要になるのが、トイレに入れるための砂です。いわゆる猫砂のこと。鉱物系のもの、木材のものなど種類が豊富ですが1袋1,500円くらいで購入できます。多く見積もって2袋でおさまるので、3,000円を見ておけば十分にお釣りがくるほどです。ただ、猫砂を買うときは、飼い主さんが選んであげたトイレの種類によって、使えないものもあるので気を付けてくださいね。

スポットで発生!猫のためにかかる費用の種類

猫と小判

初期費用でも毎月かかる飼育費用でもない「スポットで発生する費用」というものがあります。意外とたくさんあるんですけど、どれも安いです。何が必要になるのかを紹介するので、ぜひ猫との生活のイメージを駆り立ててくださいね。

猫のおもちゃ

猫を飼ったらやっぱり一緒に遊びたいですよね。そこで必要になるのが猫じゃらしやボールのよう食いつきが良いおもちゃです。簡単につくることもできるし、1,000円くらいで立派なおもちゃを買い与えるのも良し!ただ、お金をかければいいというわけではなく、運動不足の解消になる楽しめるおもちゃというのがポイントです。猫の性格によってどんなものを気に入るのか変わるので、初めは安く手作りから始めてみましょう。

猫用の爪切り

室内飼いの猫であれば必ずと言ってもいいほどに必要になります。爪が伸びすぎると肉球に刺さることもあるし、床とこすれて歩くたびにカチカチと気になる音が出ます。下の階にすごく響きやすいので、猫用の爪切りを用意しましょう。約1,000円で購入できます。

ブラッシング用品

私はよく猫カフェに遊びに行きますが、毛並みがいい猫、悪い猫などいろいろです。毛並みが良い猫は、必ずと言っていいほどに飼い主さんがブラッシングをしているんです。それに自分でグルーミング(毛づくろい)をするときに、自分の抜け毛を飲み込んでしまい、毛球症という状態になることも。そうならないためにも、必ずブラッシング用品を揃えておきましょう。

とくに長毛種を飼うのであれば必須のアイテムです。ブラシやコームなど使い分けも大事になります。ブラシにも良し悪しがあるので、高いものでも5,000円以内でそろえることができますよ。ブラッシングは飼い主さんと猫との大切なコミュニケーション。ここはケチらずに奮発してあげましょう。

猫用の歯ブラシ

歯磨きをまったくしないという飼い主さんもいますが、口臭対策のためにも1週間に1回を目安にしてあげるべきです。やっぱり顔を近づけたときに、口が臭かったら気になってしまいますよね?歯磨きそのものを嫌いな猫は多いですが、子猫のときから習慣にしておけばすんなり受け入れてくれます。歯ブラシと歯磨き粉のセットで約1,000円で購入できます。

キャットタワー

キャットタワーは必要なのか不要なのか迷ってしまう飼い主さんは多いですが、愛猫をスクスクと育てるために大切なものです。遊び場にもなる、休憩所にもなる、安心できて大好きな高い場所が家の中にあると、ストレスフリーに生活しやすいんです。20,000円以内におさまることが多く、それもスポットで必要なものなのでお財布へのダメージもそれほど大きくはならないはず。こちらの記事にキャットタワーの選び方のポイントもまとめたので、参考にしてくださいね。

こんにちは、にゃんコロネです。 猫を飼い始めてしばらく経つと、そろそろ買おうか迷ってしまうのが「キャットタワー」ですよね。飼い主さんの多く...

猫草

溜まった毛玉を吐き出すため、食物繊維を取るため、食感を楽しむ嗜好品などいろんな役目があります。猫の好みによって不要なことも多いですが、初めのうちは安いので置いておきましょう。植物の種類によりますが、1鉢500円くらいで購入することができますよ。(私たちの身近には、猫に危険な植物が多いので必ず販売されている猫草を与えましょう。)

病院や薬代

健康診断や病気になってしまったときに、獣医さんを頼る機会はそれなりに出てきます。症状が軽ければ数千円で済みますが、難病になるほどもちろん治療費も高くつくので数十万円がのしかかることもあります。不安な飼い主さんはペット用の保険も検討しておくといいですね。

シャンプー代

身体を綺麗に保ったり、抜け毛を取り除くために1か月に1回くらいの頻度でシャンプーもやってあげましょう。シャンプー剤は私たちが使うものは刺激が強くて、皮膚が荒れることがあるので専用のものが必要です。1本1,500円もあればいいものを買うことができます。

消臭グッズ

一緒に生活していると、トイレや嘔吐物などの臭いに悩まされることは多いです。そこで役に立つのが、ペットがいる家庭でも使える消臭剤です。飼っている猫がもしもペロッと舐めたときでも安心できるものにする必要があります。カンファペットという商品が有名で、初回限定で詰め替え用も付いていて1,520円で購入できます。消臭力の高さと幅広い用途に使えるのがポイントです。ちなみに消臭対策はこちらにも詳しく紹介しているので、参考にどうぞ。

カンファペット

おやつ代

おやつはキャットフードを食べさせていれば、無理に与える必要もありません。だけどおやつをモグモグする可愛い姿、見たいですよね?それに嗜好品というだけではなくて、しつけをして上手にできたときのご褒美にも使えます。小学生のお小遣いみたいですが、1カ月に500円くらいに抑えるようにした方が、肥満防止にもなっていいと思います。

最後に

猫を飼うとかかるお金には、初期費用と毎月の飼育費用、それとスポットで発生するものがあります。とくに飼育費用は絶対に減らすことができないところなので、飼い主さんの負担になっていないかをしっかりと確認するようにしましょうね。初期費用は初めに購入しておけばくり返し使っていけるものなので、そんなに大きな負担にはならないんです。

後はスポットで発生するお金も出てくるので、猫に不自由させないようにストレスフリーな生活をさせてあげましょう。もちろんすべてが必需品ではないので、猫と暮らしてみてから決めてもいいですね。猫が家族に入ってくれるだけで、毎日すごく楽しいですよ。「これくらいの費用なら平気!」という人は、ぜひ猫と一緒の生活を楽しみましょう。

猫と暮らすと抱える悩み…
  • 愛猫の体臭でお部屋の臭いが気になる…
  • 排泄物の臭いが部屋の中に充満…
  • 発情期のスプレー行為で悪臭だらけ…

猫が舐めても安心安全な瞬間消臭スプレー「カンファペット」は、東京都から表彰を受けた特殊な技術で作られています。

猫にも人にも使えて、さらに除菌効果まで。食品の衛生管理にも使われる高い消臭力と安全性があるから、お部屋の中をずっと快適な空気に保てます。

カンファペット

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

猫が妊娠する確率は何パーセント?発情期の交尾には要注意

NO IMAGE

猫を飼いたい!買う場所は?メリットも注意点もまとめてみました

猫を飼うのは大変?後悔しないために!メリットとデメリットのまとめ

猫が自宅で出産!産箱の作り方!大きさはどれくらい?

猫が妊娠する年齢はいつから?妊娠の時期と初期に現れる兆候まとめ

NO IMAGE

猫が暑くても汗をかかない理由は?汗腺はないの?