キャットタワーはいつから必要?猫へのおすすめは?選び方と種類を比較

こんにちは、にゃんコロネです。

猫を飼い始めてしばらく経つと、そろそろ買おうか迷ってしまうのが「キャットタワー」ですよね。飼い主さんの多くは、ちゃんと家庭に設置しているけど、猫のために本当に必要なのかどうか疑問に思ってしまいますよね。それに購入するならいつからキャットタワーを置いておけばいいのかもイマイチ分からないですよね。

だけど、キャットタワーは猫に欠かすことができない必須のアイテムなんです。そこでキャットタワーはいつから猫ちゃんに用意してあげるべきなのか、どんな種類がおすすめなのか、比較しながら選び方を紹介していきます。

猫にキャットタワーが必要な理由とは?

キャットタワーを購入しようかどうか迷っている飼い主さんのために、まずは「なぜ猫ちゃんに必要なアイテムなのか?」という理由を紹介します。やっぱり必要性を感じないと、何となく購入してもなんだかモヤモヤしてしまいますよね。少しでもご納得いただければ嬉しいです。

猫には上下運動できる環境が必要

飼い主さんもご存知の通り、キャットタワーは上下に高く伸びていて、猫ちゃんが登ったり降りたりする最高の遊び道具。この上下運動が猫には欠かすことができないんです。野生の猫だと過酷な生活をしいられているのでアクティブに動きまわるのですが、ペットの場合は飼い主さんが遊びを教えてあげなければいけません。

 

そのために役に立つのがキャットタワーなんです。猫として生きていくために必要な運動神経や身体の柔軟性、筋肉の発達、遊びなどそれらすべてを養うことができます。それに上下運動ができる環境がないと、猫ちゃんはブクブク太って肥満になってしまいます。

 

とくに不妊や去勢手術をした猫ちゃんは運動量もガクッと減ってしまうので、なおのことたくさん運動できる空間づくりが大切なんです。運動をしない猫は免疫力もガクッと低下するので、病気やストレスの原因をつくることにもなってしまいます。

 

それに運動神経が鈍ってしまうので、ちょっとしたことでもすぐにケガをしてしまう。だから猫ちゃんの健康やスリムでかっこいい体型維持のためにも、キャットタワーは欠かすことができないマストアイテムなんです。

猫ちゃんにも安心できる空間が必要

猫ちゃんにも私たちと同じように心が安らぐ、自分だけのオリジナルスペースが必要です。これが確保できていないと、猫はいつも緊張しながら暮らしていかないといけないし、リラックスをすることもできないんです。これってすごく可哀想ですよね?

 

私たちがいつも上司に睨みつけられながら仕事をしているような感覚と同じなんです。いつ叱られるか分からない状況で、仕事の納期を守りながらせっせと汗水流しながら働いている状態。こんな風にずっと張り詰めた空気の中には居たくないですよね?ゆっくり休憩もしたいし、家という安心できる空間に帰りたいはずです。

 

そんな猫ちゃんにとってのリラックススペースがキャットタワー。何かストレスを抱えたときや嫌なことがあったときに、すぐに逃げることができる場所であると同時に、お休みもできる贅沢な場所。猫ちゃんは高いところが大好きなので、とても心地よく過ごせる場所になってくれるんです。

いつでも遊べる空間が猫には欠かせない

猫ちゃんが遊んで欲しいときに、いつでも飼い主さんが相手をしてあげることができればいいのですが、実際に猫と暮らすと常にそういうわけにもいかないですよね?仕事にも行かないといけないし、人付き合いだってある。いつでも猫ちゃんを最優先にするということはかなり難しいことです。

 

だけど猫にとっての遊びというのは、野生の猫でいう「狩り」と同じこと。猫としての社会性を身につけるために必要不可欠なことなんです。身体の柔軟性を鍛える、運動神経を養う、身体作りをする、脳のはたらきを活性化させる。これらすべてが猫ちゃんにとっての社会性です。

 

キャットタワーが必要な理由は、飼い主さんがいないときでも猫ちゃんが1人遊びをするためでもあります。身体をくねらせながら登ったり、棒の周りをクルクルと回る、キャットタワーの上から飛び降りる。たったこれだけでも、猫にするとすごく楽しい遊びになってくれます。

 

飼い主さんがいないときに家の中に遊び道具が何もないと猫ちゃんは退屈してしまい、それはそのまま性格にも反映されて成長していくんです。何を見ても無感動で無気力、キャットフードを食べることだけが唯一の楽しみで、飼い主さんにさえ興味をなくしてしまうことだってあるんです。

飛び降り方の勉強が猫に欠かせない

キャットタワーは猫が猫らしく生きていくために、とても大切な役目を持っているんです。それが高いところからの飛び降り方です。野生の猫を見ていると、木登りも上手だし高いところからジャンプして完璧に着地しますよね。それを疑似体験させる場所がキャットタワーなんです。

 

なるべく本来の猫の生活に近づけて、のびのびと活発に生活させる。飛び降り方が分からない猫が、もしも飼い主さんがいない間に高いところに登ってしまい、降りれなくなっていたら…。猫がおとなしくその場所でじっとしていればいいのですが、間違いなく何とか降りようとして、下手をすれば大けがをしてしまうこともあるんです。

 

小さな時からキャットタワーで、飛び降り方を自分で学んでいくというのが猫には欠かせません。猫としての生き方を教えてあげる道具としてもキャットタワーは必要なアイテムなんです。

キャットタワーにはメリットがたくさんある

ガッツポーズをする女性

キャットタワーを購入して自宅に設置すると、猫ちゃんにとっても飼い主さんにとってもメリットになることがたくさんあるんです。実際に置いてみないと分からないことなので、どれくらいメリットがあることなのかを紹介しますね!

猫のかわいい写真が取り放題

飼い主さんにとって猫の一番の魅力って何ですか?ちなみに私は、無邪気に元気いっぱいにはしゃぎまわって、私を困らせるくらいに楽しそうに動きまわって遊んでいる姿。もちろんキャットフードをモグモグするところも、寝ている姿も、甘えてくる姿も大好きですけど、楽しそうに過ごしている姿を見ると、すごく幸せな気持ちになります。

 

キャットタワーは先ほどもお伝えしたように、猫ちゃんにとって大好きな遊びの空間。だから楽しそうに遊ぶ姿も、キャットタワーの上で寝る姿も取り放題!思わず見とれてしまうくらいに可愛い写真をたくさん撮ることができるんです。これはもう飼い主さんだけの特権ともいえることですよね!

 

キャットタワーは猫ちゃんの魅力を最大限に引き出してくれる最高の遊びアイテム。猫ちゃんとの楽しい思い出をいっぱい残しておくために、すごくおすすめです。

猫に気を使わずに外出しやすい

とくに一人暮らしをしていて猫を飼っていると、心配で友達と気軽に遊びに行くことができないときってありますよね?「一人で退屈しちゃうんじゃないかな」とか「いい子にお留守番してくれるかな?」とか「家の中で悪戯をするんじゃないかな?」などいろいろ心配になりますもんね。

 

でもキャットタワーを家の中に設置していれば、なぜか自然と猫ちゃんはいい子になってくれるんです。それはキャットタワーはほとんどの猫ちゃんがお気に入りになる魔法のアイテムだから。夢中になるものがあると、猫だって退屈もしないしいい子にお留守番だってしてくれます。これだったら飼い主さんも今までよりも気兼ねなく外出することができますよね!

成長を見届ける楽しみがある

これは子猫のときから置いておくと、このメリットがおまけについてきます。今までは高くて登ることができなかったところに、今の間にかあっさりと登ることができている。怖くて飛び降りることができなかったのに、勢いよく大ジャンプ!子猫は驚くほどに成長が早いので、本当にわが子を見守っているようですごく楽しみがあるんです。

ストレス解消の効果がある

猫は高いところにいると安心して、リラックスできるという習性があります。野生の猫は木の上に登って獲物を見定めるほかに、休憩するためにも上っていたという名残がペットになっても残っているからです。

 

猫ちゃんの様子を見ていると、不思議とテーブルの上やタンス、電化製品の上など少しでも高いところに行きたがりますよね?これはストレスを解消して、気持ちを落ち着かせるためでもあるんです。キャットタワーは明らかに他の家具よりも高さがあるので、猫ちゃんのストレス解消にもすごくおすすめなんです。

悪戯をすることが減る

猫と一緒に暮らしていると、飼い主さんを困らせる行動も多いですよね?ソファーを引っ掻いたり、ティッシュを散乱させたり、壁で爪とぎを始めたり、登ってはいけないところに登ったり。これはすべて、猫ちゃんが退屈していたり欲望が満たせていないから起こることでもあります。

 

でもキャットタワーを家の中に置けば…。夢中になりやすい遊び道具で、思いっきり上下運動ができるので、悪戯をする機会を減らすことができるんです。それにキャットタワーには爪とぎもついているものがありますよね?これを選べば、ソファーや壁で爪とぎをして飼い主さんを困らせることもなくなるんです。

寝床の確保ができる

猫は私たちが思っている以上に睡眠が必要で、1日のうち平均して14~20時間は寝て過ごしています。だから1日の半分以上を占める睡眠のために、お気に入りの寝床を作ってあげるのはとても大切です。それも1か所ではなく、家の中にたくさんあったほうが猫ちゃんは安心して寝ることができるんです。高さがあってリラックスできるキャットタワーは、猫ちゃんがお気に入りの寝床にも使えるんです。

どこにいるのかがよく分かる

猫って自由気ままな動物だから、たまにどこにいるのか分からないことがありますよね?名前を呼んでも反応なし、探してもなかなか見つからないという経験が少なからずあると思います。でもキャットタワーを設置すれば、ほぼ間違いなくそこが猫ちゃんのお気に入りの場所になってくれるんです。だから飼い主さんも愛猫を探しやすいし、余計な心配をすることもなくなるというメリットもあるんです。

キャットタワーはいつから必要なの?

キャットタワーから下を見る猫

猫にキャットタワーを与える明確な時期というのは実は決まっておらず、私の個人的なおすすめで言えば、生まれてから1か月~2か月くらい経過した時です。なぜならこの時から猫もいろんなことを覚え始めて、アクティブに活動し始めるくらいだから。

 

少しずつジャンプをすることも出てくるし、高いところへの興味も出てくる時期。よちよち歩きから少しずつ歩きはじめるくらいですよね。このときにキャットタワーを与えてあげればとても興味を示してくれてすごく可愛いんです。

 

それに猫ちゃんは家の中の環境が変わるとすごく嫌がって、ストレスを溜めてしまいますよね?だからキャットタワーはできるだけ子猫の内から準備をしておくほうが猫ちゃんの安心した暮らしにもつながります。

すでに猫が成長しているときは?

猫ちゃんがある程度大きく成長しているときでも、キャットタワーはできるだけ設置してあげたほうがいいです。もちろん家の中の環境が変わってしまって、ストレスを与えてしまうこともあるのですが、家具の配置を大きく変えるようなことがなければストレス過剰になることはありません。

 

それよりも、キャットタワーがあることによるメリットの方が大きいし、長く暮らすうちに猫だっていつの間にか慣れてお気に入りスポットとして使ってくれるようになるんです。むしろ猫の性格によっては、キャットタワーが家に来たことで大喜びですぐに飛びついてくれる好奇心旺盛な子もいるくらいなんです。

キャットタワーの設置場所

ハートを持つ女性

猫の大好きなお気に入りスポットにもなってくれるキャットタワー。だけど家の中のどこにでも置いていいというわけではありません。猫ちゃんのためにも、正しい場所に設置して最高の空間を用意してあげようね。

室温が調整できる場所に置く

猫は身体がモコモコと体毛に覆われた動物ですが、夏は暑いし冬は寒さも感じます。だからどの季節でも使えるように、必ずエアコンや冷暖房器具がある部屋に設置をしましょう。そうしないと、せっかく購入したのに全然使ってくれないという悲しい事態が起こってしまいます。

 

もちろん冷暖房器具がなくても快適な室温に保たれていれば大丈夫です。猫ちゃんにとっての快適な室温はコチラの記事を参考にしてみてください。猫ちゃんにとって室温はすごく大切なことなので要チェックです。

こんにちは、にゃんコロネです。 猫と暮らしで、「猫が快適な室内の温度ってどれくらいなんだろう?」というのは素朴な疑問だよね。「エアコンの温...

猫が普段よく使う部屋に設置する

キャットタワーを設置する前から猫には必ず家の中にお気に入りの場所を作っています。それはリビングかもしれないし、飼い主さんの部屋かもしれない。猫ちゃんによってそれは様々ですが、できるだけ猫がよく使っている部屋に設置してあげましょう。なるべく猫はお気に入りの部屋で過ごしたいと思っているので、そこに設置してあげればもっと家の中を好きになってくれるんです。

できるだけ静かな部屋に設置する

マンションやアパートで1部屋しかない場合は仕方がありませんが、キャットタワーはなるべく静かな部屋に置いてあげましょう。騒がしい部屋は猫が安心して過ごすことができないので、せっかくのリラックススペースであるキャットタワーの魅力が半減してしまいます。とくに車通りが激しいところ、工事の音などが聞こえる場所、玄関などの人通りが多いところ、赤ちゃんが過ごす部屋にはできるだけ置かないようにしましょう。

窓際の日当たりがいいところに設置する

キャットタワーは部屋の中でも窓際の外の景色を見ることができるところに設置するのがおすすめです。そうすれば完全室内飼いの猫でも、自分の目で外の世界を見ることができます。鳥が飛んでいれば興味も示すし、野良猫がひょっこりあいさつしに来た時でも窓越しに友達になれる。

 

それに太陽の光が入ってくる場所に置くと、冬場はすごくいい日光浴をさせてあげられます。寒さに弱い猫にとって、自然の太陽光で防寒対策ができるのは何よりもうれしいこと。窓際にキャットタワーを置くことは、気分もリラックスできるし気持ちいいお昼寝にも最適な場所なんです。

人目につく場所に設置する

もう1つキャットタワーの設置場所で気を付けるポイントがあります。それは飼い主さんの目に触れる場所に置いてあげることです。猫は無邪気でどんな行動をするか予測不可能なので、もしも危ないことをしようとしたらすぐに止めれるようにするためです。それに飼い主さんの目が届く場所だと、猫ちゃんのかわいい姿をいつでも見ることができます。

猫は本当にキャットタワーで遊んでくれる?

キャットタワーで遊ぶ猫

キャットタワーを購入しようかどうか迷うポイントの1つに、本当に猫ちゃんが遊んでくれるかどうかという不安もあると思います。せっかく買ったのに遊んでくれなかったら嫌ですもんね。それでもキャットタワーは猫のためには絶対に設置しておいた方がいいんです。

 

理由はお伝えしたように、猫ちゃんのリラックススペースの確保と上下運動、遊び場の確保や猫としての生き方を自分で学んでいくためです。もちろん猫ちゃんの性格によっては、高いところが苦手な子もいます。無理に登らせようとするのはよくありませんが、猫として生きる楽しさを覚えるために、高いところを克服するのは絶対に欠かせないんです。

 

最初はせっかく購入しても、タワーへの興味が薄いこともよくあります。だけどキャットタワーの存在に慣れてくれば、猫ちゃんにとって何にも代えがたい最高のプレゼントになります。もし、遊んでくれなくてもしっかりと対策方法があります。猫ちゃんのためを思うと、どうしてもキャットタワーという空間はお部屋の中に必要。ほとんどの猫ちゃんが大好きになってくれるアイテムなので、あまり不安がる必要もないですよ。

キャットタワーで遊んでくれないときの対処方法

考える女性

じゃあ、もしも遊んでくれなかったら…。そんな時のためにどうしたらいいのかを紹介しますね。ただ対処ができるだけじゃなくて、猫ちゃんにとってもうれしいやり方なので、もしものときはこれを思い出してくださいね。

しばらく様子を見よう

せっかく購入しても遊んでくれないことの大半は、キャットタワーを警戒していることによるもの。つまり家の中が変わってしまって、「何だ、これは…?」と少し怯えて不安を抱えている状態。これはしばらく様子を見れば、不思議なように解消されます。つまり猫ちゃんに度胸とアクティブさが生まれるんです。それも自分から克服するという成長!あんなに遊んでくれなかったのに、気が付いたらキャットタワーの虜になってしまっています。

おやつやキャットフードをタワーに乗せてみよう

おやつやキャットフードをタワーの上に乗せるというのも賢いやり方です。こうすることによって、食べるために自然とキャットタワーを使うようになるし、食事の前にいい上下運動をさせることができます。だから肥満になりにくい。キャットタワーをあまり使ってくれないということは、運動量が少なく太りやすい状態になっています。もしものときは、ぜひこのやり方を試してみてくださいね。

キャットタワーの選び方にはポイントがある

虫メガネとcheckの文字

キャットタワーは猫にとっての必須アイテムですが、何を選んでもいいというわけではありません。実は選び方にも大切なポイントがあるんです。「かわいさ」「オシャレ」「価格が安い」ということももちろん大切ですが、猫ちゃんのためにも本当に大切なことも知っておきましょう。そのうえで飼い主さんの希望も付け加えれば、すごくいいものを選ぶことができます。

安全性や耐久性

何といっても選び方で一番大切なポイントが、キャットタワーの安全性や耐久性です。もしも猫が登ろうとしたときにタワーが壊れてしまったら。留め具がしっかりと閉まっていなくて、耐久性が弱いものだったら。考えただけでも嫌ですよね?猫ちゃんがケガをしてしまうこともあるし、せっかく買ったのに怒りもこみ上げてくると思います。

 

だから猫ちゃんが安心して使えるものかどうかを一番に気にして選ぶようにしましょう。もしも骨折や大けがをしたら猫もすごく痛いし、トラウマになってキャットタワー恐怖症になってしまうことも。その他にも角が尖っていないというのも安全性が高いのでおすすめです。

掃除のしやすさ

キャットタワーは猫が遊んだり寝たりする場所なので、体毛がたくさんついてしまうんです。だから掃除もしっかりしてあげないと、キャットタワーに溜まった抜け毛を飲み込んでしまって毛球症という病気になることがあります。定期的に掃除がしやすいように取り外しができるものや、抜け毛をからみ取りやすい素材であることも大切な要素です。

 

またはキャットタワーを分解できなくても、高いところの掃除ができるように脚立などを用意しておくとコロコロなどで抜け毛は取りやすいです。常にきれいな状態にしておいた方が猫も喜んで使ってくれるんです。

組み立てやすさ

特に女性はキャットタワーの組み立てが苦手な方が多いです。私もあまり器用ではないのでうまく作ることができないんです。だからなるべく簡単に作ることができるという点も大事になります。作れなかったらせっかく購入しても意味がないですもんね。それか初めから作ってあるタイプにすれば、自分で組み立てる必要がないので後は部屋に置くだけです。

見た目のオシャレさやかわいさに飛びついて、あまりに複雑な作り方をしないといけないキャットタワーを間違って選ばないように十分に気を付けてくださいね。

大きさや高さ

キャットタワーは購入するときに、ほぼ間違いなく寸法が記載されています。置こうと思っている場所に対して、あまりに大きすぎないか、高さはしっかりと足りているかを必ず確認するようにしましょう。私はよく洋服を買うときにサイズを確認せずに失敗することが良くあります。キャットタワーもサイズ感というのはすごく大切です。

 

飼い主さんの生活空間が狭くならないか、キャットタワーを置いても広々とした空間が確保できているかというのもすごく大切です。実際に置いてみると、狭く感じてしまうのはよくあることなので、あらかじめメジャーで測っておくといいですよ。

長く使うことができるものか

キャットタワーは今だけ必要なものではなく、飼い主さんの愛猫がこれから長く愛用していくものです。だからずっと使い続けることができるかというのも重要な選び方のポイント。例えば子猫にはあまり高さは必要ないから、高さが調節できないキャットタワーを選んでしまうと、大きく成長した時に買い替えが必要になります。

 

もちろん、成長に合わせてキャットタワーも変えたいときはこれでもいいのですが、できるだけ使い慣れたものを猫ちゃんは好むので、新しいキャットタワーに馴染めずにストレスを溜めてしまうこともあるんです。だから、なるべく長く使い続けていくことができるものがおすすめです。

滑りにくさ

猫も私たちと同じように足を滑らせることがあります。もしもキャットタワーの上でツルっと足を滑らせてしまったら大変です。骨折や大けが、歯が折れてしまうことだってあります。とくに子猫なんかはまだ上手にキャットタワーに登れない時期です。簡単に足を踏み外すこともあるし、危ないことが分かっていないこともあります。だからキャットタワーを選ぶときは、滑りにくい素材であることも大切です。

デザイン性

キャットタワーのデザイン性も重要な選び方のポイントです。とくに女性なら気になりますよね?これはキャットタワーだけの話ではなくて、飼い主さんが住む部屋にも合うかどうかも含めてです。基本的にキャットタワーはシンプルで淡い色合いに作ってありますが、中にはトリッキーな柄物もあります。

 

部屋のイメージに合わないと浮いてしまうし、内装の統一感もなくなってしまいます。だけどせっかく購入するなら、可愛らしいものを買ってあげたい。落ち着いた部屋に仕上げるためには、このバランスをうまくとることも大切です。

キャットタワーに備わっている機能

高機能のキャットタワーと猫

キャットタワーには猫ちゃんがお気に入りになる秘密がたくさん詰まっています。私たちでも可愛いキャットタワーを見ると少しワクワクしてきますよね?でも好奇心旺盛な猫は私たち以上に魅力たっぷりに感じているんです。どんな機能が備わっているかを詳しく紹介しますね!

爪とぎ

猫ちゃんはある程度成長すると、爪をガリガリと研ぎはじめるという習性がありますよね?これがキャットタワーに備わっているものがあります。ポールに麻が巻いてあって、気が向いたときにいつでもガリガリ。これは猫にとってうれしさ倍増です。とくに爪とぎをいくらしつけても言うことを聞いてくれない猫ちゃんにはおすすめ。

 

自分が大好きな空間に爪とぎがあれば、それを使わずにはいられない。それに麻がポールに巻き付けてあると、滑りにくいので猫ちゃんもケガをしにくいというメリットがあります。飼い主さんも壁やソファーを傷つけられることがなくなるので、まさに一石三鳥の機能なんです。

ハンモック

ハンモックがキャットタワーについているものもありますよね。これがまた猫の身体にピッタリとはまって、寝心地が良さそう。猫ちゃんの最高の贅沢空間。見た目もハンモックが付いているだけで可愛くなるし、オシャレ度もアップしますよね。このハンモック、冬場は保温効果も高いので猫ちゃんにとってはすごく暖かいので防寒グッズとしても使えます。

 

もちろん夏でもフカフカで寝心地がいいから、喜んで使ってくれるんです。2匹以上の多頭飼いをしている飼い主さんは、このハンモックが取り合いになるかもしれません。それくらいハンモックは猫に魅力的。ハンモック部分は宙に浮いているような感じなので、猫ちゃんもすごく気に入ってくれるんです。

屋根付きハウス

キャットタワーに可愛らしいハウスが付いているものもあります。なんだか私たちまでその中に入りたくなるような楽しさがあります。これって本当に自分の家みたいに猫ちゃんが使ってくれる神秘の空間なんです。野性的な本能がペットになっても残っている猫にとって、キャットタワーのような高い空間にマイハウスが持てるのは夢のようなこと。

 

心安らげる空間に自分1人だけが入ることができる。誰にも邪魔されない狭い空間と程よい暗さ。外敵に襲われる心配もない。屋根付き、壁付でホッコリ暖かい空気感。猫ちゃん専用の寝床がない飼い主さんは、是非ともハウス付きのキャットタワーを用意してあげましょう。猫ちゃんは言葉をしゃべらなくても、心の中ではウキウキしているんです。

トンネル

キャットタワーは本当にたくさんの機能が付いていて、トンネルもその1つ。これは猫ちゃんがもぐって遊んだり、時には寝床として使ったり意外と万能なもの。これを使っている猫ちゃんを見ると、すごく癒されます。ときどき潜ってはたまにピョコッと顔を出す。なんだかモグラたたきゲームをして一緒に遊びたくなっちゃいますよね。

 

しかもこれっていい運動効果もあるんです。トンネルをくぐるには態勢を低くしないといけないし、その中をモゾモゾ歩くのはカロリーも消費してくれるから肥満防止にも最適!遊びが大好きな猫ちゃんに育てたいなら、トンネルは絶対に欠かせないですね。猫じゃらしを使う時も、トンネルから見え隠れするように使えば猫ちゃんの食いつきも全然違う。トンネルは思っている以上に大活躍が期待できる機能なんです。

ステップ台

ステップ台はキャットタワーを猫ちゃんが登るときに足場になったり、そこで一休みするために欠かすことができないもの。これも取り付け方がオシャレなものがいっぱいありますよね!ちょっと角度を付けながら螺旋状の階段になっていたり、形も丸っこいものや四角いものなど見ているこっちがアスレチック気分!

 

登るときの何とも言えない楽しさが猫ちゃんには欠かせない。キャットタワーを好きになってくれるかどうかにも関わる大事なところでもあります。ちなみに子猫や老猫はあまりステップ同士の間隔が広すぎたりすると足を踏み外すこともあるから、猫の歩幅も意識しながら選ぶといいです。

 

一生懸命にステップ台を登ったり渡ったりする姿はとても可愛いもの。まだ子猫だったら「頑張れー!!」って応援したくなっちゃいます。ステップ台を身体全体を使って必死に登る動きは、猫の運動神経の良さにも関わってくるので、とても大切なキャットタワーの機能なんです。

階段やスロープ

これはステップ台と似たような感じですが、本当に階段みたいになっているものがありますよね。中にはうまく登れない猫ちゃん向けに、スロープ状になっているものもあります。猫ちゃんがキャットタワーのてっぺんまで登るためにすごく重要なものですね。

 

猫の性格によっては、階段を上り下りするだけで満足してしまう子もいるくらいこれも遊び場になるんです。なんでも遊び道具に変えてしまうのは猫ちゃんの才能ですね。階段が付いていなくても、ステップ台やハウス、トンネルを使って上手にキャットタワーを登る動物なので、あえて階段なしのキャットタワーを選ぶのもおすすめです。猫ちゃんにとっても身体の柔軟性を鍛えるいい遊びになってくれますよ。

キャットタワーの種類と特徴

キャットタワーに立つ猫

キャットタワーは見ていてこっちまで楽しくなってきますよね!いろんな機能が付いていて、見た目もかわいいものやオシャレなものも多い。そんな猫タワーには実は2種類が存在しているんです。猫ちゃんのためにどちらを選んであげるかがキモになります。それぞれのメリットとデメリットを紹介するので、猫ちゃんにピッタリなものを選んであげましょうね。

据え置きタイプのキャットタワー

据え置きタイプのキャットタワーは、床に置いて使うものです。置くだけで簡単に設置できるから、買ったその日から猫ちゃんの最高の遊び場やお気に入りスポットを作ってあげられるのが何よりもうれしいですよね。

移動のしやすさがうれしい

長く生活をしていると、部屋の模様替えをしたいときって出てきますよね?家具の配置を変えたいとき、キャットタワーはこっちの場所の方がやっぱりインテリア的にも映えるなっていう時に、簡単に移動できるのは据え置き型ならではのメリットです。それに、せっかく設置した場所を猫ちゃんが気に入ってくれないときも、簡単に動かすことができるのはすごく助かりますよね。

掃除がしやすい

これも移動のしやすさにも関係していますが、掃除をしやすいというのもうれしいポイント。お部屋をキレイに掃除するためには、キャットタワーを動かしたいなっていう時も必ず出てきます。キャットタワーの下やタワー自体を掃除するときも、据え置き型はすごく楽なんです。

天井に傷がつかない

飼い主さんは今、一軒家に住んでいますか?それともマンションやアパートのような賃貸ですか?賃貸の場合は天井や壁を傷つけてしまうと修繕費を請求されることがありますよね。だけど据え置き型は天井に突っ張るタイプではないので、部屋に傷がつかないというメリットがあります。

豊富な種類と選ぶ楽しさ

据え置き型のキャットタワーはとにかく種類が豊富。「部屋のインテリアとしても使えそうだな?」「こっちの大きい方が機能もたくさん付いていて楽しそう!」「見た目がモフモフでこれ、すごく可愛い!」など選ぶ楽しさがあるのは、買い物をしていてワクワクです。サイズも見た目も間違いなく猫ちゃんにとっても飼い主さんにとってもお気に入りのものを見つけることができます。

安定性に注意が必要

キャットタワーには種類があるので、据え置き型ももちろんいいところばかりではありません。一番気を付けてほしいのがタワーの安定性。体重が重たい猫が飛び乗ったりすると倒れてしまうこともあるし、ケガをさせてしまうことも。その他にも、ネジの緩みも定期的にチェックしたいところです。

また、日本は地震大国ですよね。お部屋が揺れると当然キャットタワーもグラグラ。いかに安定性を保つかというのが据え置きタイプを選ぶときに注意が必要です。

大型を置く場合は広いスペースが必要

据え置き型のキャットタワーは、私たちが思っている以上に広い場所を取ってしまうもの。とくに注意したいのが、機能がたくさん付いた大型のものを選ぶときです。思っている以上に部屋の大部分を占めてしまい、「生活空間がかなり狭くなった」という失敗談をもつ飼い主さんもたくさんです。購入するときは、どのサイズならピッタリなのかをしっかりと考える必要があります。

部屋の内観が崩れることがある

先ほどもお伝えしたように、据え置きタイプは種類が豊富。サイズも高さもデザインも材質もたくさんあって、目移りしてしまうほどです。ついつい可愛いものを選んでしまいがちですが、飼い主さんが今住んでいる部屋の内観に合わせて購入するというのも注意点の1つです。とくにデザインには気を使わないと、住んでいて落ち着かない空間になってしまうことだってあります。

天井突っ張りタイプのキャットタワー

キャットタワーのもう1つの種類が天井突っ張りタイプです。これはその名の通り、床と天井の間を突っ張り棒のような感じで固定させるもの。設置の仕方が据え置きタイプよりも難しい分、メリットもたくさんあります。

猫がより高い空間を手に入れることができる

猫ちゃんは大の高いところ好きです。このタイプのタワーは天井までポールが伸びているので、ほとんど天井と同じ高さまで猫ちゃんが登ることができて大喜び。最高の空間をプレゼントしてあげることができるというのが一番のメリットです。

リラックススペースにもなるし、誰にも邪魔されない自分だけのお気に入りの場所。嫌なことがあってもすぐに逃げ込めるし、お部屋全体を見渡せるからいつでも気分爽快。ストレスを溜めこみやすい猫ちゃんにはとくにおすすめできます。

安定性が抜群

床と天井の間をポールで固定させるので、がっちりとしていて安定性は据え置きタイプの比ではありません。体重が重たい猫が飛び乗ってもぐらつきもほとんどないから、タワーが崩れて猫ちゃんが大けが…ということもほとんど心配無用。猫が無理に体重移動をして登ろうとしても、飛び跳ねても、思いっきり遊んでもバランスを崩さないというのはいいですよね!

省スペースで設置できる

高さはあっても比較的省スペースで設置ができるというのも天井突っ張り型のポイントです。あまりお部屋が広くないときや、できるだけ飼い主さんの生活空間を確保したいときは、このタイプを選ぶほうがおすすめです。

賃貸にはあまり向かない

天井突っ張り型のキャットタワーで安定性が抜群なのは、天井にしっかりと固定をさせるからです。そのため、釘や金具でガッチリとさせる必要があるので、賃貸だと天井を傷つけてしまい、退去するときに修繕費用を請求されることもあります。もちろんずっと今の家に住み続けるのであればいいですが、引越しをしたいときや仕事の都合などで退去の必要が出てきたときに、あとから困る可能性もあります。

移動がしにくい

固定をさせている分、天井突っ張り型は移動がしにくいというデメリットもあります。一度設置した場所から違う場所に移したいとき、タワーの下を掃除したいとき、設置場所を猫ちゃんが気に入ってくれなかったときは、移動にかなりの労力がかかってしまいます。

猫ちゃんにおすすめのキャットタワー

ソファーでスマホを操作する女性

紹介してきたようにキャットタワーは種類もあるし、どれを選んだらいいのか迷ってしまう所。なるべく可愛いものがいい、場所を取らないもの、猫ちゃんが気に入ってくれるもの、いろんな機能が付いているものなど重視するポイントは人それぞれ。だけどキャットタワーを選ぶときは、それ以上に気にしたいポイントがあります。

 

それが猫ちゃんの年齢なんです。成長段階によって、どんなキャットタワーがいいのか変わってきます。そこでキャットタワー選びで失敗しないように、年齢別におすすめのものとこれを選ぶことによってどんないいことがあるのかを紹介します。

子猫におすすめのキャットタワーはこれ

子猫のキャットタワーを選ぶときに一番に考えてあげたいポイントが「安全性」と「高さ」です。まだまだ運動神経が未熟なので、足を滑らせることもあるし、登ったはいいけど降りられなくなって下手をすれば落下するという危険があります。

 

だから選ぶのであれば、据え置き型で今後の成長も考えて高さを調節することができるタイプ。初めは1メートルくらいの高さから始めて、簡単に登ることができるようになったら徐々に高さをあげて猫としての運動神経を身につけさせていけるようにしましょう。あっという間に子猫は成長していくので、高さが調節できるというのはマストですね!

 

さらにもう一つ。できれば子猫の内からポールでの爪とぎを覚えさて、ソファーや壁へのイタズラ防止も一緒に考えることができればベストです。最初は1段1段が低くて登りやすく、猫としての遊びをしっかりマスターさせてあげましょうね。

 

このキャットタワーであれば、高さ155cmで子猫にも安心。さらに猫ちゃんが大好きなおもちゃも付いています。ハウスもあるしハンモックもあるし、猫ちゃんがキャットタワーに興味津々になる要素が満載!もちろん爪とぎも付いているから、練習もできる。しかもカラーが選べるからお部屋の内観にも合わせやすいというメリットがあります。見た目もオシャレで子猫にピッタリ。値段も5,000円を切っているのでお財布にもやさしいですね。

《当店イチオシ★!!》キャットタワー 据え置き ハンモック付き (高さ155cm) 送料無料 おしゃれ おもちゃ 置き型 猫 ねこ 室内飼い ネコ 爪とぎ 爪みがき ストレス解消 運動不足 ベージュ ブラウン グレー 【D】

成猫におすすめのキャットタワーはこれ

飼い主さんの猫ちゃんが1歳を超えている成猫なら、選ぶポイントは機能と安定性です。それなりに身体も大きくなっているので、キャットタワーには安全性が欠かせません。だから選ぶのであれば、天井突っ張り型で猫ちゃんが喜ぶ機能が満載なもの。しっかりと猫としての遊びや暮らし方、そして安心してリラックスできる空間を作ってあげることが大切。

 

できるだけ高さも必要だし、もちろん爪とぎも欠かせない。それにある程度好みも出てきているからタワーの素材にもこだわってあげたいですね。アクティブに動きまわる猫だから、ケガをしないように角が丸くなっているものを選んで、ケガをさせないようにするのもポイントです。

 

こちらのキャットタワーは、天井突っ張り型でハウス付き!ステップ台も付いているし猫ちゃんも高いところまで登ることができるので、最高の贅沢空間をプレゼントしてあげることができます。それに色合いもツートーンで落ち着いていて、お部屋にも合わせやすいうえに場所も省スペースで設置ができるという嬉しさがあります。階段状のスロープ付きだから、木登りが苦手な猫ちゃんでも間違いなくお気に入りになってくれます。

 

見た目もかわいいし、素材だってモフモフで気持ちがいい。爪とぎも備わっているからイタズラ防止にもすごくいいですね!かなりの一押しキャットタワーです。

【送料無料】【HQ】オリジナルねこタワー ツインハウス 突っ張りタイプ キャットタワー 充実の機能性で見た目もオシャレ 猫ちゃんへの最高のプレゼント

老猫におすすめのキャットタワーはこれ

年齢が7歳を超える老猫なら、キャットタワー選びで一番気にしてあげたいのは「登りやすさ」です。猫ちゃんはいつだって高いところが大好きな動物。でも足腰がめっきり弱くなってしまった老猫は、高いところに行きたくても登ることもできないことがあるんです。だから選ぶのであれば、ステップ台が広くて段差が小さいもの。猫ちゃんのペースでゆっくりと登れるものだとすごく喜んでくれるんです。

 

どちらかと言えば、天井突っ張り型よりも据え置き型の方がおすすめです。激しく動きまわることあまりないから安全だし、あまりに高いと降りられなくなって落っこちてケガをしてしまうこともあるからです。素材はやっぱり柔らかでフカフカのものがシニア猫にはいいですよね!足への衝撃も和らげてくれるし、お昼寝にもピッタリ。

 

このキャットタワーはシニアの猫ちゃんにすごくおすすめで、段差も小さいので登りやすいです。足腰が弱くなったシニアにはすごく嬉しいですね。ハウスも機能として付いているから心安らぐ場所をプレゼントしてあげられるし、タワーの頂上にはなんともうれしい箱型のベッド付き!四隅にポールが付いているから安定性もバッチリだし、爪とぎをサボりがちなシニアの猫でも麻ポールがあるからしっかり爪のお手入れができるんです。

 

まさに老猫のためのキャットタワーで、見た目もモフモフでまるで猫ちゃんを包み込んでくれるような感じなんです。色もココア色ですごく可愛いし、うれしいクッションが何と2枚も無料で付いてくるんです。

【送料無料】【HQ】オリジナルねこタワー ラージスリープ シニアの猫ちゃんにおすすめの嬉しい据え置き型でモフモフの素材がたまらない フワフワのクッション付き

最後に

猫ちゃんと暮らすときに、「キャットタワーは本当に必要なのかな?」と迷うことがあるけど、やっぱり1つは絶対に用意しておくべき必須のアイテム。いつから必要ということはなくて、できるだけ猫ちゃんが小さなうちから慣れさせておくことが大切なんです。安心できるリラックススペース、遊びの空間、猫としての運動神経や身体の柔軟性。

 

何歳になっても子猫気分を忘れずに、かわいく元気に遊んでくれるのはキャットタワーでの経験があってこそ。種類もたくさんあって選び方も気を付けることがあるけど、愛猫がキャットタワーで遊ぶ姿を見たら、本当に購入してよかったなっていう気持ちになります。気に入ってくれているのが私たちにもしっかりと伝わってくるんです。

 

キャットタワーのおすすめは紹介した通り、猫ちゃんの年齢や機能性で選んであげれば失敗することも少ないです。ぜひ飼い主さんもキャットタワーで遊ぶ、かわいい愛猫の姿をその目で見てあげてくださいね!

猫と暮らすと抱える悩み…
  • 愛猫の体臭でお部屋の臭いが気になる…
  • 排泄物の臭いが部屋の中に充満…
  • 発情期のスプレー行為で悪臭だらけ…

猫が舐めても安心安全な瞬間消臭スプレー「カンファペット」は、東京都から表彰を受けた特殊な技術で作られています。

猫にも人にも使えて、さらに除菌効果まで。食品の衛生管理にも使われる高い消臭力と安全性があるから、お部屋の中をずっと快適な空気に保てます。

カンファペット

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

NO IMAGE

猫じゃらしの上手な使い方!ちょっとした遊び方のコツをまとめました

NO IMAGE

猫の抜け毛の掃除!洋服やカーペットなど種類別の対策方法

NO IMAGE

猫にとって水回りは危ない場所!家の中を安全にして危険から守ろう

猫のトイレの置き場所!使いやすく部屋も臭くならない場所とは?

NO IMAGE

猫の防寒対策のやり方!冬の寒さをしのいで猫風邪を予防

NO IMAGE

猫と引っ越し!ストレスを与えない正しい手順と方法