猫の毛玉ケアにおすすめのキャットフード3選!毛玉対策の成分と選び方

こんにちは、キャットシッターにゃんコロネです。

猫はグルーミングで飲み込んだ毛玉を吐き出す動物として有名ですよね。でも猫は吐くことが得意ではないので、キャットフードでしっかり対策をすることが大切なのです。

吐きたくても毛玉を吐き出せない猫

毛玉を吐き出すから何とか対策をしたい

猫の毛球症を予防できるキャットフードにしたい

こんなお悩みをもつ飼い主さんにおすすめのキャットフード3選を紹介します。毛玉対策用のフードはたくさんありますが、どのフードが良いのか迷ってしまいますよね。

どの成分が毛玉ケアに良いのか、栄養バランスは整っているのか、選ぶときに気を付けることはないのか。

これらを1つ1つ詳しく見ていきながら、飼い主さんの愛猫にぴったりのキャットフードを選んであげましょう。

猫の毛玉ケアに大切なキャットフードの成分

愛猫の毛玉ケアに大切な成分は「食物繊維」です。餌と一緒に食べることで、胃や腸の中に溜まりやすいヘアボールを便と一緒に出しやすくしてくれるのです。

注意したいのは食物繊維だけを過剰に与えてしまうと、お腹を壊してしまい下痢や軟便の原因になりますす。さらに猫の身体作りに欠かせない「動物性たんぱく質」とのバランスが重要です。

キャットフードに使われる食物繊維が入った原料

バナナ・人参・かぼちゃ・豆類・クランベリー・ブロッコリー・リンゴ・さつまいも・アルファルファ・ほうれん草・オリゴ糖 など

これらの原料がバランスよくフードの中に入っており、さらに動物性たんぱく質である「魚類」「鶏肉」「鴨肉」などがメインに配合されたものを選ぶようにします。

もちろん猫の毛玉ケアをするうえで、栄養バランスや原料にだけ気を付ければよいわけではありません。対策をするためには、飼い主さんの毎日のケアも大切なことですよ。

猫の毛玉を吐く原因と対策方法>>

毛玉対策キャットフードの選び方に注意

愛猫のために毛玉対策用のキャットフードを選ぶときに、大切なことがあります。間違った選び方をしてしまうと、せっかくの効果もなくなってしまうので注意しましょう。

食物繊維の種類に気を付ける

紹介したようなバナナや人参、さつまいもなどから摂取できる食物繊維は、愛猫の腸内環境までも整えてくれるので毛玉対策に最適な原料です。

でも気を付けたほうが良い食物繊維もあります。猫の身体におすすめできなかったり、お腹一杯になるようにかさましのために使われるものもあるのです。

気を付けたい食物繊維の種類

紹介している2種類の食物繊維は、猫の身体にはおすすめできないもの。キャットフードの原料に含まれていないことを確認しましょう。

とうもろこし

猫が消化しにくい穀物であり、アレルギーの原因にもなりやすい。さつまいもの約4倍の食物繊維が含まれているので、逆にお腹を壊して下痢や軟便になることもある。

キャットフードに含まれるとうもろこし>>

ビートパルプを含むもの

ビートパルプは砂糖の甘味成分を抽出した食物繊維です。食物繊維なのに水に溶けない性質があるので、お腹の中で膨らんでしまい便秘になりやすい。

毛玉ケアをしたいのに便秘になってしまっては、排泄の時に毛球を排出させてあげることができなくなる。

猫の消化にやさしいものを選ぶ

毛玉ケアで大切なのは、腸内環境を整えてウンチと一緒に身体に溜まった自分の体毛を身体の外に出してあげることですよね。

そのためには猫の消化にやさしい、穀物類が過剰に使われていないものを選ぶと良いです。グレインフリー(穀物不使用)と呼ばれるもので、愛猫家の飼い主さんに大人気です。

キャットフードに使われる穀物類

原料費がとても安くなるのでキャットフードによく使われますが、消化に良くありません。猫のためには、この原料が使われていないものを選びましょう。

とうもろこし・米・大麦・小麦・玄米

無添加のキャットフードを選ぶ

毛玉ケアのためには猫の腸内環境を整えるために、善玉菌を増やして悪玉菌の割合を減らすことが大切です。

でもキャットフードに含まれる添加物は、悪玉菌を増やしてしまうのです。愛猫の身体に悪いだけでなく、せっかくこれから何とかしてあげようとしている毛玉対策の効果まで邪魔するのです。

腸内環境が乱れてしまって、下痢にもなりやすいです。酸化防止剤、着色料、香料、保存料、防腐剤などがキャットフードには使われやすいです。十分に気を付けて、無添加キャットフードの中から選ぶようにしましょう。

「毛玉ケア」の表記に惑わされない

毛玉対策をするときに注意したいのは、キャットフードの袋に記載されている「毛玉ケア」という言葉だけを信じてはいけないということです。

よくあるのは、食物繊維が含まれているだけで記載されたものや、紹介したように穀物がたくさん含まれたもの、添加物が含まれていて消化に悪く、毛玉対策として機能しにくいものも多いのです。

これからおすすめの毛玉ケア用のキャットフードを紹介しますが、「毛玉ケア」の言葉だけを信じずに、原料と栄養バランスを確認しながら選ぶようにしましょう。

猫の毛玉ケアにおすすめのキャットフード3選

愛猫の毛玉ケア(対策)におすすめのキャットフード3選を紹介します。たくさんのキャットフードの中から、愛猫が最適なものを選び抜くのは大変ですよね。

レビューもよくて他の口コミサイトでも評価が高く、実際に使われている原料も調査して3つに絞っているので、ぜひ参考にしてください。

キャットフード「シンプリー」

「シンプリー」は有名なプレミアムキャットフードの1つです。主原料に使われているものは、サーモンやニシン、マスなどのお魚類です。

良質な動物性たんぱく質が摂取できて、毛玉の排泄をサポートする食物繊維も十分に使われているので、愛猫のスッキリもしっかりサポートできます。

「シンプリー」の特徴

  1. グレインフリーで猫の消化にやさしい
  2. 動物栄養学者との共同開発で栄養バランスに優れている
  3. 世界中で人気が高く、累計100万袋以上の販売実績
  4. 獣医師も推奨しているキャットフード

シンプリーの毛玉ケアに良いところは、原料に「マンナンオリゴ糖」と「フラクトオリゴ糖」が使われているところです。この2つは特定保健用食品に認可されているものです。

マンナンオリゴ糖は腸内の善玉菌をスクスク育てる効果があり、腸内環境の乱れを整える働きがある食物繊維です。

病原菌になるものを吸収してウンチと一緒に排出する働きがあり、善玉菌を増やすのにおすすめです。消化機能をサポートしてくれるので、毛玉対策にもピッタリなんです。

フラクトオリゴ糖は砂糖に近い甘味があるのに、とても低カロリーで天然でも存在しています。腸内でビフィズス菌を増やしてくれるので、ミネラル分を吸収しやすくなります。

フラクトオリゴ糖は整腸機能に優れていて、腸内の浄化作用があるので、猫の便秘対策に良いのです。お通じが良くなればしっかり毛球を身体の外に出してあげられますね。毛玉対策におすすめの食物繊維なのです。

世界中でも100万袋以上も販売されているから、その人気の高さが伝わってきますね。毛玉対策だけではなく、動物栄養学者が原料のバランスを考えているのもおすすめです。

販売累計100万袋突破!シンプリーキャットフード

商品価格:3,564円(税抜き)※定期コースで最大20%OFF
内容量:1.5kg

キャットフード「モグニャン」

モグニャンもプレミアムキャットフードの1つで、主原料になるのは白身魚なので良質なたんぱく質を摂取することができます。

質が良い原料を使って私たちでも食べれる品質にこだわりをもっていて、専門家と一緒に粒の大きさや固さ、原料の選定までやるほど力が入れられています。

「モグニャン」の特徴

  1. グレインフリーで猫の消化にやさしい
  2. 獣医師の92%がモグニャンを使いたいとアンケートで回答
  3. 愛猫家と専門家で共同開発したキャットフード
  4. 質の良い食物繊維を摂取することができる

モグニャンの毛玉ケアに良いところは、無添加でありながら質が高い「動物性たんぱく質」と「食物繊維」のバランスが整っているところです。

猫の身体に優しいオーガニック原料で毛玉ケアができるのは良いですよね。原料の力を最大限に活かすことによって毛玉ケアができるようになっているのです。

特徴的なのは「エンドウ豆」「ひよこ豆」「レンズ豆」の3種類の豆類が使われているところです。毛玉ケアに良い食物繊維を摂取できます。

エンドウ豆:約7.5g・ひよこ豆:約11.5g・レンズ豆:約17.1g
※100g当たりに含まれる食物繊維の量

豆には驚きのパワーも隠されていて、「抗酸化作用」にも良いと言われます。活性酸素の発生を抑える働きがあるので、老化防止や猫の生活習慣病の予防にも良いのです。

毛玉ケアをしながら元気な身体を維持できるのは嬉しいですよね。排泄機能の衰えも和らげることができるので、毛玉も身体の外に出しやすいです。

また、もう1つおすすめの原料がスプラウトという発芽野菜の一種「アルファルファ」が原料に入っています。認知度がまだ低いですが、自然界のサプリメントと言われるくらいに高い効果があるのです。

アルファルファは野菜なので食物繊維も入っているため、便秘改善に良いです。そして猫が食べたものを消化促進させるから、3種類のお豆の栄養も吸収しやすいですね。

お豆が毛玉ケアをして、アルファルファがそのサポートをするという役割分担です。

モグニャンに使われている原料には、他にもリンゴ・かぼちゃ・さつまいも・クランベリー・セイヨウタンポポなどがあるので、特に便秘がちな猫に毛玉対策をしたいときにおすすめできるキャットフードです。

モグニャンキャットフード

商品価格:3,564円(税抜き)※定期コースで最大20%OFF
内容量:1.5kg

キャットフード「カナガン」

カナガンは日本よりも猫に対する考え方が進んだ、ペット先進国イギリスで作られて日本で販売されているキャットフードです。

無添加でありながら、高たんぱく質・低炭水化物のキャットフードで、猫が大好きな飼い主さんたちに大人気です。栄養バランスが整っているから、猫の年齢に関わらず食べさせてあげることができます。

「カナガン」の特徴

  1. 猫の必須アミノ酸「タウリン」が2,200mg/kgも配合
  2. グレインフリーで猫の消化にやさしい
  3. 獣医師が推奨するキャットフード
  4. 100%の猫が食べた実績があり、嗜好性に合わせやすい
  5. 専門家の分析をもとに栄養バランスが考えられたキャットフード

カナガンの毛玉対策に良いところは、猫の身体に良い食物繊維である野菜やハーブがミックスして作られているところです。

特定保健用食品に認可されている「マンナンオリゴ糖」「フラクトオリゴ糖」も原料に使われているので、腸内の善玉菌を増やして悪玉菌の抑制もしてくれます。

腸内環境の乱れをしっかりと改善できるので、毛玉もウンチと一緒に身体の外に出すことができるのです。便通を良くして腸の免疫力を高めるのは「シンプリー」と同じですね。

他にもマリーゴールドというハーブの一種も毛玉の排泄サポートに良いです。マリーゴールドは注目度が高い原料で、カルテノイドという成分に抗酸化作用やエイジング効果が期待できるので猫の元気を維持するのに役立ちますね。

元気な猫ほど毛玉をしっかり身体の外に出しやすいので、これも注目のポイントです。

これだけではなく、毛玉ケアに良いのはカモミールまで原料に使っているところ。これもハーブの一種なのですが、効果として吐き気を抑えてくれるのです。

毛玉を床やカーペットの上に吐かれて困っているという飼い主さんには嬉しいですね。消化機能を正常に整える役割もあるので、毛玉の悩みと一緒に抱えやすい便秘や下痢などにもおすすめ。

栄養バランス的にも毛玉対策のことだけではなく、良質な動物性たんぱく質であるチキンを主原料にしていること、ミネラルや必須脂肪酸が摂取できて、元気な身体作りまで考えられているところが良いです。

世界中の愛猫家に大人気のキャットフード『カナガン』

商品価格:3,564円(税抜き)※定期コースで最大20%OFF
内容量:1.5kg

最後に

猫が毛玉対策を何とかしてあげたいと思うのはとても大切なことです。猫は吐くこと自体が得意ではないので、できるだけキャットフードを考えてあげて、排泄一緒に出してあげられたら良いですよね。

毛玉ケアに大切なのは「動物性たんぱく質」と「食物繊維」のバランスが適切であること。お店で販売されるものは、パッケージにだけおすすめと記載することが多いので注意も必要です。

また、添加物もせっかくの毛玉ケアを邪魔する原因になるので、無添加キャットフードを使って対策をしてあげることが大切です。

猫と暮らすと抱える悩み…
  • 愛猫の体臭でお部屋の臭いが気になる…
  • 排泄物の臭いが部屋の中に充満…
  • 発情期のスプレー行為で悪臭だらけ…

猫が舐めても安心安全な瞬間消臭スプレー「カンファペット」は、東京都から表彰を受けた特殊な技術で作られています。

猫にも人にも使えて、さらに除菌効果まで。食品の衛生管理にも使われる高い消臭力と安全性があるから、お部屋の中をずっと快適な空気に保てます。

カンファペット

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

猫の歯磨きのやり方!正しい頻度と3分で終わらせるコツ

猫が目やにを取らせてくれない!簡単にケアする方法は?

NO IMAGE

猫のブラシのおすすめはどれ?選び方とブラッシングの役割について

NO IMAGE

外で飼っている猫を室内飼いに変える方法

NO IMAGE

猫のトイレハイの理由とは?トイレのダッシュをやめさせる方法

NO IMAGE

猫がトイレの砂を食べる!これって病気?原因と簡単にできる対策方法