猫のご褒美におすすめ!人気のおやつ!猫に「ありがとう」が伝わる与え方

こんにちは、にゃんコロネです。

猫との暮らしの中で、ご褒美をあげたくなるときってあるよね。上手にトイレができた、お留守番を1人で頑張ってくれた、慰めてくれた、今までできなかったことができるようになった。

 

飼い主さんの感謝や褒めたいときのそんな気持ちを猫に上手に伝えるためには、おやつがおすすめです。ご褒美があると、猫も「いいことをしたんだ」と理解してくれるし、お互いの絆ももっと深いものに。

 

しっかりと飼い主さんの気持ちが伝わるように、ご褒美におすすめの人気のおやつと与え方を紹介します。

猫にもおやつは食べさせるべき?

疑問を浮かべる女性

結論から言うと、キャットフードから必要な栄養分やカロリーをしっかりと摂取できているなら、無理に与える必要はないんです。ただ、一緒に遊んだりコミュニケーションをとるために、やっぱりおやつはすごく便利。

 

それに、猫にもご褒美としてのおやつがあったほうが、ストレスも抱えずにのびのびと暮らすので、見た目だってイキイキしてきます。

 

与え過ぎにだけ注意して、少量にとどめておけば、すごくいいことも。市販でも売ってありますが、どんな成分や原料が使ってあるのかは必ず確認するようにしてくださいね。

こんにちは、にゃんコロネです。 猫のかわいい瞬間はたくさんあるけど、その中でもモグモグとご飯を食べる姿は、こっちまで幸せになるよね!だけど...

猫のおやつにできる食べ物

食べてもいい?とハテナを浮かべる猫

猫は私たちと身体の作りも違うので、食べさせてはいけないものもあります。今から紹介するモノはご褒美おやつとしても使えるし、飼い主さんたちからの人気も抜群に高いです。

ササミ肉

鶏のササミを加工したものです。茹でて小さく刻んでから食べさせるのが主流です。猫の補助食品のようなもので、食欲をグンとアップさせる効果もあります。ほっこり温めてあげれば、消化にもやさしくなるし、お腹もいっぱいになる優れもの。

私たちにとってのおかゆのような感覚で、茹でることで水分補給にもなり、柔らかくなるので猫も食べやすくなります。

ジャーキー

鶏肉やレバー、魚などを加工したものです。基本的には肉が原料に使われているので、猫の嗜好性にもピッタリで食いつき抜群です。

注意することは、人間が食べる味付きのジャーキーを食べさせないということ。塩分が強いので猫の身体には刺激が強すぎます。ペットショップなどで売られている専用ジャーキーにしましょう。

煮干しなどの小魚

煮干しなどの丸ごと食べられるものも、おやつにピッタリです。これもジャーキーと同じように、塩分が入っていないものにしましょう。煮干しはカルシウムやマグネシウムのバランスが良くて、健康面でも役に立ちます。

それに猫用の煮干しは、少し柔らかめに作ってあるので食べやすいというのも特徴です。ただ、猫がミネラル分を過剰に摂取すると、尿結石になる可能性もあるので食べ過ぎには注意です。

かつお節

猫と言ったらかつお節と言われるくらいに定番です。ペット用に作られたかつお節を選ぶようにしましょう。煮干しなどの小魚と同じで、ミネラル分の取り過ぎは知らず知らずのうちに病気のリスクを作ります。

ペット用のかつお節だと、食べさせすぎなければ安心です。おやつじゃなくても、キャットフードにパッとまぶしてあげるだけでもすごく喜んでくれます。

ウェットタイプのキャットフード

ウェットタイプのキャットフードは、ほとんどが総合栄養食ではなく、一般食です。缶詰やレトルトになっているものが多いですよね。原材料にもササミなどが使われているので、おやつ代わりにしている飼い主さんもたくさんいます。味の種類も豊富で、愛猫の好みの味を見つける楽しさもあります。

猫にご褒美おやつをあげるのはこんな時

小魚の匂いを嗅ぐ猫

ご褒美というからには、これまでにできなかったことが上手にできたときや、飼い主さんが愛猫に感謝の気持ちを感じることができたときに、愛情を持って与えるのがおすすめです。

上手にトイレができたとき

まだまだ小さい子猫であれば、トイレを上手にするという行為はとても難しいもの。人間でもある程度大きくなってくれないと、お母さんの手が必要ですよね。動物の世界でもそれは同じことです。

こんにちは、にゃんコロネです。 猫のトイレのしつけ方って難しいよね。トイレを使わないで部屋の隅っこでさりげなく粗相をして困っちゃうこともあ...

今まではトイレに行こうとしても間に合わずに粗相をしていたのに、ちゃんと一人でトイレに行って排泄ができるようになったとき。または、あちらこちらで粗相をして大変だったのに、トイレでおしっこをしないといけないということを分かってくれたとき。

 

これは猫にとって大きな成長です。飼い主さんは猫の母親代わりでもある存在なので、思いっきり喜んでくれるご褒美を用意してあげましょう。

1人でお留守番ができたとき

猫は1人でいても平気なものですが、ずっと独りぼっちでいるのはつまらないし退屈なものです。好奇心が強い動物なので、飼い主さんがちょっと目を離した隙にイタズラもするし、高いところに置いてあるものを落下させたりもします。

 

留守にしている間、いい子に待っているというのは実はとてもすごいことなんです。ちゃんと家を守ってくれたことに対して、そしていい子に待っていてくれたことに対して、お礼の気持ちも込めて、しっかり褒めてあげましょうね。

しつけがうまくいき、悪いことをしなくなったとき

猫を飼っていると、飼い主さんを困らせるいろんな行動をしますよね?ティッシュを散乱させたり、布を食べようとしたり、ソファーを引っ掻いたり、つまみ食いをしたり、手に噛みついてきたり、テーブルに登ったり、あげればきりがないほどです。

 

だけど一緒に暮らしながら「しつけ」をしていくうちに、「これはやっちゃいけないこと」というのをしっかりと覚えてくれる動物なんです。しつけのやり方はこちらを参考にしてくださいね。

こんにちは、にゃんコロネです。 猫と暮らしていると、飼い主さんを困らせることをやったり、反対に今までは全然できなかったのに、いつの間にか上...

これまで愛猫の行動にすごく困っていたということはありませんか?その悩みがなくなったということは猫が飼い主さんの言いつけをしっかりと守っているということです。「とってもお利口」に育っている証でもあるので、猫が喜ぶご褒美を用意してあげてくださいね。

爪とぎの場所を覚えてくれたとき

爪とぎの問題は飼い主さんなら誰でも抱えること。壁でガリガリ、ソファーでガシガシ、床をゴリゴリ。爪とぎ器を猫のために用意しておいても、しつけるのは簡単なことではないですよね?

こんにちは、にゃんコロネです。 猫と一緒に暮らすときに、ほとんどの飼い主さんが1度は頭を悩ませること。それが爪とぎの問題ですよね。壁やソフ...

猫の習性だから爪とぎ自体は仕方がないことだけど、「爪とぎをしていい場所」を覚えるのは猫にとって大きな成長。良いことと悪いことの区別ができるようになったんです。とってもすごいことなので、たくさん褒めて猫を喜ばせてあげてくださいね。

猫のおやつにはメリットもたくさん!

万歳をする女性

人間でいうところの「お菓子」が猫にとってのおやつという位置づけ。人間のお菓子は食べても身体にいいイメージは少ないです。だけど猫の場合は、どのおやつをご褒美に選ぶかによって、付加価値もいっしょに付いてくるんです。

毛玉ケアができる

おやつの中には、食物繊維がたっぷりで毛玉ケアに最適なものがあります。原料に食物繊維と記載されていたり、パッケージに「毛玉除去」など書かれているものです。

 

普段のキャットフードからでは摂取しにくい栄養分もあるので、おやつが健康サポートになると飼い主さんにも愛猫にもメリットがあります。

体臭や排泄物のニオイを抑える

これもおやつならではということが多いです。ご飯として食べさせるキャットフードは、栄養バランス重視で作られているので、体臭や排泄物のニオイのことを考えて作っているわけではありません。

 

キャットフードには穀類や添加物が入っているものが多いので、便臭もきつくなりやすいんです。これもパッケージに書かれた「ニオイを抑える」などの表示を基準にして選ぶといいでしょう。

ご褒美おやつの正しい与え方とは

小魚を食べる猫

ご褒美として猫におやつを食べさせるときには注意点があります。何も考えずに気の向くままに食べさせていると、後になってやめとけばよかったと後悔することにもなるので、正しい与え方を知っておきましょう。

カロリーが低く、太らないものを

愛猫には毎日ご飯としてキャットフードを食べさせていますよね。猫にとって必要な栄養分はご飯から摂取できているので、カロリーが豊富なものを食べさせるとブクブクと太りやすい体質になります。

 

ご褒美のつもりでも、脂肪がつきやすい不健康な身体にしてしまいます。肥満体質に近づかせることになるので、低カロリーで太りにくいおやつを選ぶようにしましょう。

ご飯の直前は避ける

少量のおやつでも食べればお腹に溜まります。私たちでもおやつを食べてお腹いっぱいになることがありますよね?猫もそれは同じです。

 

本当に食べないといけないキャットフードがお腹いっぱいで食べられないということにならないように、ご飯の直前は控えるようにしてあげてくださいね。おやつはあくまで「ご褒美」として与えるものなので、栄養バランスが考えられているわけではありません。

 

身体を壊しやすい猫だからこそ、キャットフードでしっかり栄養を取らせてあげるように、ご飯を食べる時間の3時間以上前におやつを与えるようにしましょう。

毎日与えない

ときどき貰える「ご褒美」だからこそ猫は価値を感じてくれます。毎日のようにおやつを与えると、ありがたみがガクッと落ちてしまうんです。

 

私たちだとお給料とは別のボーナスのようなものです。そのボーナスに「価値」を感じて頑張ろうという気持ちややる気も出てきます。もしもボーナスがなくなったとしたら、憤慨の気持ちや不満を抱えてしまいますよね?

 

猫に毎日ご褒美おやつを与えることは、毎日ボーナスをもらっている状態です。感謝の気持ちを伝えたいとき、褒めたいときに、飼い主さんの気持ちが猫に伝わらなくなってしまうので、1週間に1回くらいの頻度に抑えるようにしましょう。

猫に食べさせるおやつの量

人差し指を立てた女性の手

ご褒美でもおやつをたくさん食べてしまうと、肥満の原因になったり、栄養バランスが崩れてしまって不健康になってしまいます。1日に必要なご飯の量の1割くらいを目安に食べさせてあげるのがベストです。

 

猫の年齢によって1日に必要なカロリー量はおおよそ決まっています。飼い主さんの愛猫の年齢に応じて、食べさせる量を決めてあげてくださいね。

 

子猫(10週齢) 体重1kgあたり250kcal

成猫 体重1kgあたり80kcal

妊娠中の成猫 体重1kgあたり100kcal

高齢のシニア猫 体重1kgあたり50~70kcal

 

例えば体重kgの成猫であれば、1日に必要なカロリー数は、「80 kcal×4kg=320 kcal」なので、おやつの量は32 kcalくらいに抑えてあげるイメージです。本来のキャットフードが食べられなくならないように、分量には気を付けてあげましょう。

ご褒美におすすめのおやつ

おすすめを紹介する女性

猫のご褒美おやつは「どれにしようかな~?」と選ぶ時間も楽しいですよね。だけど本当にたくさん種類があるから、おすすめを紹介します!「これを選んでおけば間違いなし!」というものなので、ぜひ愛猫に食べさせてみてくださいね。

鶏ササミのフリーズドライ

「山口県産の長州鶏」を使った猫用のおやつです。ササミ肉は猫の大好物で、たんぱく質もたっぷり入っていて、何よりブクブク太る心配も少ないんです。

 

そのままでも食べられるし、お湯で戻すとボイルしたみたいな香りと食感がよみがえるので、愛猫の好みに合わせやすいです。大満足の165gでたっぷり入っているし、賞味期限も1年半と長いので、これさえあればご褒美おやつに悩むことはありません。

【大人気!】鶏ササミのフリーズドライ165g

トリーツ ワイルドアラスカサーモン

サーモンを贅沢に使ったおやつで、DHA、EPAを豊富に含んでいることが特徴です。だからご褒美を与えながら、血液をサラサラにしてあげる効果もあります。

 

チキンよりも魚が好きという猫におすすめで、食物アレルギーが心配という猫でも安心して食べることができます。カロリーも控えめで、食いつきも抜群!食べさせやすい1口サイズなのもポイントです。

【食いつき抜群!】トリーツ ワイルドアラスカサーモン

CMで大人気!みんな知ってるチャオチュール

いろんな味がバラエティに入った、食べさせる楽しみもある定番の猫用のおやつです。まぐろ、鶏ささみ、かつおの猫が大好きな味が勢ぞろいです。液状のおやつで、香りもいいから食いつきも抜群。

 

袋に小分けにされているから、いつでも決まった量を食べさせてあげることができます。CMでもおいしそうに食いつく姿が印象的ですよね。安心の国産で、内容量も60本とたくさん入っているのがポイントです。

最後に

猫にへのご褒美でおやつを食べさせるのは、飼い主さんの「ありがとう」の気持ちが伝わるとてもいい方法です。人気のおやつの定番は、昔も今も鶏ササミやサーモン。栄養たっぷり、食いつき抜群です。

飼い主さんと猫との絆をもっと深めたり、しつけをするときにもおやつは効果的です。ぜひ、愛猫のお気に入りになるおやつをご褒美に食べさせてみてください。

ただ、ブクブクと太らせないように、おやつの量には気を付けてくださいね。

猫と暮らすと抱える悩み…
  • 愛猫の体臭でお部屋の臭いが気になる…
  • 排泄物の臭いが部屋の中に充満…
  • 発情期のスプレー行為で悪臭だらけ…

猫が舐めても安心安全な瞬間消臭スプレー「カンファペット」は、東京都から表彰を受けた特殊な技術で作られています。

猫にも人にも使えて、さらに除菌効果まで。食品の衛生管理にも使われる高い消臭力と安全性があるから、お部屋の中をずっと快適な空気に保てます。

カンファペット

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

8歳以上の老猫のキャットフードの選び方!おすすめ3選を紹介

NO IMAGE

マンチカンのキャットフードのおすすめと選び方!特徴や性格も

NO IMAGE

モグニャンキャットフードの口コミ!通販で購入した私の体験談

NO IMAGE

猫の癌を予防!キャットフードに入った3つの危険な添加物

NO IMAGE

猫の餌への食いつきが悪い!食欲がないときはキャットフードの見直しを

NO IMAGE

猫にじゃがいもを食べさせて大丈夫?注意点とおすすめの成分まとめ