8歳以上の老猫のキャットフードの選び方!おすすめ3選を紹介

こんにちは、キャットシッターにゃんコロネです。

猫も7歳、8歳を超えてくると立派なシニア。老猫の仲間入りになってしまいます。今まではハグハグとキャットフードを食べていても、急に食欲がなくなる、餌の好みが変わるのはよくあることです。

だから、健康で長生きしてくれるためには、キャットフードの選び方が大切なのです。大事な家族の一員だから、特に気を使ってあげたいですよね。

そこで、老猫のキャットフードの選び方とおすすめ3選を紹介します。

老猫のキャットフードの選び方

指を立てる女性

老猫は成猫に比べると、睡眠時間が長くなったり、筋肉の衰えによって運動量が激減します。身体機能も低下してしまうので、毎日のキャットフードの選び方が大切です。

栄養バランスに気を付ける

1番に気を付けてあげるべきポイントが、動物性たんぱく質に含まれる「タウリン」をしっかりと摂取させることです。この成分が不足してしまうと、視力の低下や心筋症などの病気にかかる可能性が高まるのです。

運動量が減り、複雑な動きや激しく動きまわらなくなるので、骨の丈夫さもなくなっていきます。老猫は骨折などの怪我もしやすいのです。これを補うには、カルシウムも欠かせないですよね。

忘れてはいけないのが「ビタミン類」です。ビタミンAは毛並みの良さを維持するために大切だし、食欲の低下を防ぐ効果も期待できます。ビタミンB2には身体に必要な酵素などを身体の各部に運ぶ働きがあります。

このように、老猫にとって特に大切な栄養分が摂取できるものを選ぶことが大切です。

食べやすい粒の大きさと香り

多くの飼い主さんが気にかけるのを忘れてしまうのが、キャットフードの食べやすさです。加齢の影響で食べる行為そのものでも疲れるようになる年齢です。

猫の負担を減らすためにも飲み込みやすい粒の大きさ、そして食欲をグッと駆り立てる香ばしい匂いがキャットフードに求められます。猫の食事は嗅覚で食べるか食べないかが判断されるので、とことんこだわりましょう。

できれば香料で人工的に作られた香りよりも、身体にやさしい自然な原料から食欲をそそる匂いに作られたものが良いです。

高品質の原料が使われているものを選ぶ

年齢を重ねた高齢の猫は、身体そのものが衰退して弱々しくなることも多いですよね。見た目はまだキュートでも、私たちで言う60歳を超えた人と同じなのです。

だから身体に悪い影響を与えないために、キャットフードの品質にはとことんこだわる必要があります。

無添加や人間でも食べれる品質の「ヒューマングレード」が、老猫でも人気が高いのはこのためです。その中でも添加物は老猫ではなくても身体の健康を害するもの。

病気などを持っていて身体が弱いのならなおさらです。本当はもっと長く元気で暮らせるのに寿命を縮めてしまうことにもなりかねません。老猫には「無添加」「ヒューマングレード」2つは特に重要です。

消化によく身体への負担が少ないもの

食べたものを消化するためには、カロリーを消費する必要があります。ところが運動量が減ってしまう高齢の猫は、キャットフードを消化するまでに長い時間がかかるのです。

特に消化に良くないとされる問題の原料は穀物類です。もともとが消化に良くない原料なので、老猫の身体には大きな負担となります。近年、グレインフリーと言われる、穀物不使用のキャットフードが注目を集めたのはこのためです。

穀物類を全く気にせずに猫に食べさせ続けると、肥満の原因になって太ったり、食後に嘔吐することが増えて、愛猫を苦しめる可能性さえあるのです。

身体への負担が小さくて、消化にやさしいキャットフード選びが老猫には大切です。

老猫におすすめのキャットフード3選

それでは、どのキャットフードが老猫におすすめなのか、私が選んだ3選を紹介します。愛猫とこれからも長く一緒に暮らしていくために、とことん健康面に配慮されたキャットフードにしてあげましょう。

老猫におすすめのキャットフードを選んだ基準

  1. 栄養バランスが整っていること
  2. 無添加で質の悪い原料が使われていないこと
  3. 穀物への配慮がされていること
  4. 香りが良くて猫の食いつきが良いこと
  5. 続けていきやすい価格であること

キャットフード「ねこひかり」

国産無添加キャットフード「ねこひかり」
ねこひかり
国産のキャットフードの中で高い人気を誇るのが「ねこひかり」です。安心して愛猫が食べられるように製法にこだわりを持っていて、自然の美味しさをそのまま味わえる無添加。メディアでも掲載されるほど注目を集めているキャットフードです。
内容量 500g
原産国 日本
価格 1,980円(税込み)※定期コース
販売サイト 国産無添加キャットフードねこひかり

1つ目に選んだのは、国産無添加キャットフードの「ねこひかり」です。品質の良さを長期間維持するために、チャック付きのアルミ袋にフードが入っています。

私たちでも食べれる品質なのはもちろん、猫が大好きなかつお節の香りが食欲をグッと駆り立ててくれるのです。あまりフードを食べなくなった老猫には嬉しい効果ですよね。

メインの主原料には鹿児島産の鶏肉が使われているから、動物性たんぱく質もバッチリ摂取できます。国産のキャットフードの中では1位2位を争うのではないかと思うほど、多くの飼い主さんから支持を集めているのです。

「ねこひかり」はここがすごい!

1、ノンオイルコーティング

一般的なキャットフードは猫の嗜好性アップに、オイルでコーティングをします。ただこれは、カロリーも高いし猫の皮膚トラブルなどの原因を作りやすいです。

ねこひかりはオイルを使わずに、原料の香りを活かすことで猫の食欲アップを実現させています。

2、小麦グルテンフリー

小麦というのは猫のアレルギーになりやすい原料ですよね。これを一切使わず、猫の身体に吸収しやすい栄養だけを厳選しているのです。

3、穀物類のパウダー加工

消化に良くないと言われる穀物への配慮がすごいんです。使っている穀物類は、すべてパウダー状に加工することにより、猫の腸への負担を極力少なくしています。老猫には嬉しい加工ですね。

キャットフード「カナガン」

プレミアムキャットフード「カナガン」
日本だけじゃなく、世界中で販売されている高品質のヒューマングレードを実現させたキャットフードがカナガンです。専門家の分析をもとに、本当に猫に必要な栄養素をバランスよく配合させた、ヘルシータイプのキャットフードです。
内容量 1.5kg
原産国 イギリス
価格 3,564円(税抜き)※定期コース
販売サイト 世界中の愛猫家に大人気のキャットフード『カナガン』

カナガンは世界中で大人気のキャットフードで、言わずと知れたプレミアムフード。ペット先進国のイギリス産だから、国産よりも質が良く、日本でも愛猫家たちに選ばれていますよね。

メインの原料にはチキンが使われていて、健康面に配慮して野菜やハーブも使われているからとってもヘルシーなキャットフードです。老猫には嬉しいところです。

もちろん無添加で獣医師さんも推奨するほどです。何と100%の猫ちゃんが食べたと言われるほど食いつきが良いので、食欲がなくなりやすい老猫にとてもおすすめです。

「カナガン」はここがすごい!

1、タウリンが2,200mg/kgも配合

猫の必須アミノ酸であるタウリンを良質な動物性たんぱく質から、たっぷりと摂取することができます。視力の低下や心筋症などのリスクを減らしてくれるのに役立ちますね。

2、栄養価が高いので健康維持に良い

海藻類に適量含まれたミネラル類は、愛猫の健康管理には欠かせないです。老猫の身体のコンディション作りに良くて、マリーゴールドという健康維持に良い原料も使われています。

3、グレインフリー

カナガンは猫の消化に良くない穀物類を使わないグレインフリーにこだわっています。高たんぱく質で低炭水化物だから、運動不足で太りやすい高齢の猫にとてもいいです。

キャットフード「シンプリー」

プレミアムキャットフード「シンプリー」
プレミアムフードとして有名で、全世界ですでに累計100万袋以上の実績がある、大人気のキャットフードです。猫が喜ぶ厳選された素材が使われていて、1粒1粒に濃厚なフレーバーソースでコーティングしているので、老猫でも食欲満点になる美味しさがあります。
内容量 1.5kg
原産国 イギリス
価格 3,564円(税抜き)※定期コース
販売サイト 販売累計100万袋突破!シンプリーキャットフード

私が最後に選んだ3つ目のキャットフードが「シンプリー」です。動物栄養学者と共同で作られているから、栄養バランスには問題がありません。

さらに獣医さんも推奨するほどに注目を集めています。メインの原料は猫が大好きなサーモンやマス、ニシンなどのお魚類。これは、猫が不足しがちな必須脂肪酸(オメガ3系脂肪酸、オメガ6系脂肪酸など)が取り入れやすいので嬉しいですよね。

シニアになった老猫でも食べることができるように、栄養バランスにこだわりを持って作られているのです。

「シンプリー」はここがすごい!

1、毛玉の排泄サポートに向いている

食物繊維が豊富なオリゴ糖が原料に使われているので、老猫の毛玉を排泄サポートするのに良いです。面倒がってグルーミングをサボる猫もいるので、うれしい原料が入っていますね。

2、腹持ちが良く太りにくいサツマイモ

腹持ちがよくて消化率が高いサツマイモを使っているところも良いです。さらに動物栄養学者が健康面に配慮して、身体のコンディションを整える「キナ酸」などもバランスよく配合してます。

3、グレインフリー

シンプリーも老猫に嬉しいグレインフリーの製法です。消化に悪いものが使われていないので、身体への負担が少ないのは嬉しいですね。

老猫に大切なキャットフードのこと

猫を抱っこする女性

私たちであれば言葉を話したり自分で動けるので、自分自身でご飯を考えて身体の健康を守ることができます。だけど猫の場合は、飼い主さんが与えるキャットフードがすべて。

猫は性格上、どんなに辛い思いをしてもそのことを飼い主さんにさえ隠そうとして、元気に見せようと振舞うのです。

猫の見た目からは分からなくても、身体は年齢を重ねるごとにどんどん老化が進みます。飼い主さんがこれに気が付いて、身体のことを考えたキャットフードを食べさせないといけないのです。

今まで一緒に暮らしてきた大切な家族。老猫になっても、いつまでも飼い主さんはその子のお母さんです。これからも元気で長生きをしてくれるように、栄養バランスが整った身体にやさしいキャットフードを選んであげて下さいね。

最後に

老猫におすすめのキャットフードは、身体のことがしっかりと考え抜かれたもの。毎日の食事のことなので、選び方がとても重要です。

栄養バランスや食いつき、健康面への配慮。無添加やグレインフリー、原料の質が高いといった基本的なことも大切です。

愛猫とずっと元気で長く一緒に暮らすために、キャットフードの選び方には気を使い、紹介したようなおすすめのものを食べさせてあげましょう。

猫と暮らすと抱える悩み…
  • 愛猫の体臭でお部屋の臭いが気になる…
  • 排泄物の臭いが部屋の中に充満…
  • 発情期のスプレー行為で悪臭だらけ…

猫が舐めても安心安全な瞬間消臭スプレー「カンファペット」は、東京都から表彰を受けた特殊な技術で作られています。

猫にも人にも使えて、さらに除菌効果まで。食品の衛生管理にも使われる高い消臭力と安全性があるから、お部屋の中をずっと快適な空気に保てます。

カンファペット

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

モグニャンキャットフードを通販で購入!一番安いおすすめの販売店は?

モグニャンキャットフードの成分や原料!猫へのおすすめポイントは?

NO IMAGE

マンチカンのキャットフードのおすすめと選び方!特徴や性格も

NO IMAGE

猫の餌代みんなの平均はいくら?節約の仕方とキャットフードの価格帯

プレミアムキャットフードとは?市販より優れた特徴とメリット

「シンプリー」キャットフードの成分や原料を徹底解析