【キャットフード】グレインフリーとグルテンフリーの違いとは?

こんにちは、キャットシッターにゃんコロネです。

キャットフードに「グレインフリー」や「グルテンフリー」と書かれた記載。猫におすすめと言われますが、どちらも似た言葉でこの2つの違いは何なのか気になりますよね。

そこで、飼い主さんなら知っておきたい、この2つの違いを分かりやすくお伝えします。

グレインフリーとグルテンフリーの違い

グレインというのは日本語で「穀物」のことです。フリーという表記が付いているので、グレインフリーのキャットフードは、「穀物全般が不使用」で作られたものです。

とうもろこし、小麦、大麦、ライ麦、蕎麦、キビ、ヒエ、アワ、米、玄米、大豆などがキャットフードに良く使われる穀物で、これらを一切使っていないものがグレインフリーのキャットフードです。

グレインフリーのメリット

  • 猫の消化に悪い穀物を使わない優しい製法
  • 穀物アレルギーを起こさなくなる
  • 炭水化物の量が減るので、太りにくい体質になる
  • 穀物の代わりに良質な動物性たんぱく質を配合できるので、猫の身体作りに良い

これに対してグルテンというのは、小麦や大麦などの麦類に含まれるたんぱく質の一種です。フリーという言葉が付いているので、グルテンフリーのキャットフードは「麦類のたんぱく質が不使用」で作られたものです。

猫はアレルギーの中でも小麦アレルギーを起こしやすいです。そのため、グルテンフリーのキャットフードは「穀物類は原料に使うけど、麦類のたんぱく質は入れていない」という意味になります。

グレインフリーとグルテンフリー!どちらが良い?

子猫とクエスチョンマーク

私の個人的な見解では「グルテンフリー」よりも「グレインフリー」の方が良いと思っています。それは猫は麦類だけではなく、穀物全般でアレルギーを起こすこともあるからです。

それに穀物を使っている場合は、キャットフード自体や餌を食べさせるときに工夫をしないと消化にも悪く、猫が太りやすい身体になってしまいます。

国産のキャットフードでは「ねこひかり」というブランドが、グルテンフリーで穀物類をパウダー加工にするという工夫をしているので、これは良いと思います。

国産無添加キャットフードねこひかり

ただ、こういった工夫がなければ、なるべくグレインフリーのキャットフードにしてあげたほうが猫のためには良いですね。

穀物で太りやすくなると、ダイエットも大変だし、肥満による病気のリスクも高めます。愛猫に食べさせるものは、できるだけ「穀物への配慮がされたグルテンフリー」か「グレインフリー」のものを選んであげましょう。

おすすめのグレインフリーキャットフード>>

最後に

グレインフリーとグルテンフリーには、「穀物不使用」か「麦類のたんぱく質が不使用」かの違いがあります。

特にアレルギーを持つ猫と暮らしているのなら、必ずチェックするべき部分です。言葉は似ていても意味が違うので、キャットフードを選ぶときは注意してくださいね。

猫と暮らすと抱える悩み…
  • 愛猫の体臭でお部屋の臭いが気になる…
  • 排泄物の臭いが部屋の中に充満…
  • 発情期のスプレー行為で悪臭だらけ…

猫が舐めても安心安全な瞬間消臭スプレー「カンファペット」は、東京都から表彰を受けた特殊な技術で作られています。

猫にも人にも使えて、さらに除菌効果まで。食品の衛生管理にも使われる高い消臭力と安全性があるから、お部屋の中をずっと快適な空気に保てます。

カンファペット

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

キャットフードはドライとウェットどちらがおすすめ?

キャットフードを徹底比較!キャットシッターによるおすすめランキング

NO IMAGE

猫にじゃがいもを食べさせて大丈夫?注意点とおすすめの成分まとめ

NO IMAGE

猫がかぼちゃを食べるのは大丈夫?食べさせ方や栄養のまとめ

無添加キャットフードのヴィジョンズが安い!送料無料で324円?

「シンプリー」キャットフードの成分や原料を徹底解析