モグニャンキャットフードの成分や原料!猫へのおすすめポイントは?

こんにちは、キャットシッターにゃんコロネです。

キャットフード「モグニャン」は言わずと知れた人気のプレミアムキャットフードですよね。猫の健康志向が高い飼い主さんや愛猫家の方々にとても定評があります。

「どんな成分が使われているのかな…?」

「原料になっているのは何だろう…?」

「猫の身体にいいものは何が入っているのかな…?」

これから試してみたいと思っている飼い主さんは、こんな風に思ってしまいますよね。モグニャンの特徴があまり分かりやすく紹介されることがないので気になりますよね。

そこで、キャットフード「モグニャン」の特徴を分かりやすく紹介していきます。成分や原料、何が猫におすすめなのかもお伝えするので、ぜひ参考にしてください。

キャットフード「モグニャン」の成分や原料

まずは気になるモグニャンの成分や原料から紹介していきます。プレミアムと言われるだけあるので、どんなものが使われているのか気になりますよね。

下の写真はモグニャンのパッケージに記載されている原料表記です。

モグニャンの袋

モグニャンに使われている原料

白身魚・さつまいも・豆・サーモンオイル・ひよこ豆・レンズ豆・ヒマワリオイル・フィッシュスープ・ミネラル・ビタミン・ビール酵母・オリーブオイル・アマニ・アルファルファ・バナナ・リンゴ・クランベリー・かぼちゃ・ダンデライオン

モグニャンの成分分析値

たんぱく質:30%、脂肪:16%、繊維質:3%、灰分:6%、水分:7%、オメガ6系脂肪酸:2.95%、オメガ3系脂肪酸:2.08%

猫が毎日食べるキャットフードで大切なことは、たくさんあります。こちらの記事でも紹介しているように、選び方がとても肝心ですよね。

キャットフードを徹底比較!>>

食いつきやフードの香りはもちろん、その中でも身体のための成分はどうなっているのかが大切です。

モグニャンの場合はパッケージの裏側を見てみると、無駄なものはなく、それぞれの成分比率がとても良いことが分かりますよね。

猫に欠かせないたんぱく質は全成分の30%、脂肪も16%なので、猫の身体をしっかり育てていくためのバランスです。

猫の必須アミノ酸である「タウリン」、必須脂肪酸の「オメガ6」と「オメガ3」もしっかりと摂取できますね。愛猫の健康にとても優れていることが成分から分かります。

そして原料には注目するべき点がたくさんあるので、1つ1つについて詳しく紹介していきます。


モグニャンキャットフード

白身魚63%

猫に1番必要な動物性たんぱく質には、大好物の白身魚が使われています。

猫の身体の筋肉を作り、皮膚や被毛、歯や骨、身体の主要な臓器の成長に欠か瀬ないものですよね。元気に育てるために大切なものなので、原料の63%も占めています。

成長に使わない動物性たんぱく質は、猫の活動エネルギーになります。

猫は体重1kg当たり、私たちの5倍以上もたんぱく質が必要なので、これだけたっぷりと入っていれば大満足ですね。

また、猫の必須アミノ酸である「タウリン」も白身魚から摂取することができます。

白身魚の良いところ

  • 高たんぱく質で低脂肪なので、猫のダイエットに良い
  • 身体を健やかに成長させることができる
  • 皮膚や毛並みをサラッと綺麗に保つ

さつまいも

さつまいも

さつまいもは良質な炭水化物になります。グレインフリーという穀物を使わない製法で、消化にやさしいキャットフードにするために使われているのです。

動物性たんぱく質ほど必要な栄養ではないですが、栄養バランスの良さを保つためにも重要な原料になっていますね。

さつまいもからは、猫に不足しがちな食物繊維も取れるので整腸作用にも良いです。腸内環境が乱れて、便秘がちな猫にとても良い原料ですね。

適正量の食物繊維は、猫のスッキリをしっかり助けてくれます。

さつまいもの良いところ

  • 便秘がちな猫の便通を良くする
  • 食物繊維が腸内環境を整える
  • コレステロールや塩分の過剰な吸収を防ぐ

サーモンオイル

モグニャンの原料に使われるサーモンオイルには、必須脂肪酸のオメガ3とオメガ6を摂取することができます。

猫の身体で作り出せないものなので、健康のためにありがたいですよね。まさに猫の救世主にもなる原料なのです。

<オメガ3系脂肪酸>

猫の血液をサラサラに保ち、腎機能の働きを良くする。また便秘の解消や毛並みの改善にもおすすめの栄養素です。

<オメガ6系脂肪酸>

免疫力をグッと高める効果が期待でき、皮膚炎の予防に良い。皮膚の状態を健康に保ち、毛並みを艶やかに保つことができる栄養素です。

また、猫と一緒に住んでいると、「なんだか最近、元気がないな…、大丈夫かな?」と心配になることがありますよね。

これは生活習慣病になっている可能性があって、その予防にもサーモンオイルがおすすめです。

サーモンオイルの良いところ

  • 血液をサラサラにして、血の巡りを良くする
  • 便秘を解消して、皮膚や毛並みを良くする
  • 生活習慣病の予防に良い

エンドウ豆・ひよこ豆・レンズ豆

エンドウ豆には疲労回復に良いビタミンB1、新陳代謝を良くするビタミンB2が豊富で、植物性たんぱく質も摂取できます。

ひよこ豆には、植物性たんぱく質やカルシウム、マグネシウム、カリウムが豊富です。また、抗酸化作用に優れているので、活性酸素の発生を抑えたり、猫のイキイキした身体作りに最適です。

モグニャンの原料に使われるレンズ豆には、鉄分が含まれます。有名なのは貧血の予防ですよね。私たちでも鉄分のサプリがあるほど大切な栄養分で、もちろん猫にも摂取させたいものです。

エンドウ豆の良いところ

  • 食物繊維による毛玉の排泄サポート
  • 新陳代謝を促進し、皮膚や粘膜を健やかにできる
  • 猫の疲労回復やエネルギー源を作り出せる

ひよこ豆の良いところ

  • 老化防止に効果的で、イキイキした身体作りに良い
  • 活性酸素の発生を抑制し、腸内環境の乱れを防ぐ

レンズ豆の良いところ

  • 貧血の防止におすすめ
  • 猫が不足しがちなミネラル分の補給源になる

ヒマワリオイル

ヒマワリオイルには、必須脂肪酸であるオレイン酸やリノール酸が入っています。また、ビタミンAやカルシウム、亜鉛やリン、カリウムなども含まれていて、栄養豊富なオイルなのです。

猫の療法食に使われることが多いので、良い原料ということが分かりますよね。

ヒマワリオイルの良いところ

  • 血行促進効果が、猫の動脈硬化や心筋症の予防に良い
  • コレステロール値や中性脂肪を落とし、高血圧を予防する
  • 新陳代謝を促進して、皮膚や被毛の健康維持ができる

フィッシュスープ

お魚たっぷりのフィッシュスープは良質なたんぱく質源になります。魚から取れる良い栄養分を余すことなく染み込ませているので、猫も大喜びしてくれますね。

モグニャンは食いつきがとても良いキャットフードで、よだれが出るほどおいしそうな香りを漂わせる秘密の隠し味のようなものです。猫の食欲をグッと駆り立ててくれるのは良いですね。

フィッシュスープの良いところ

  • 魚に含まれる良質な栄養分を補給できる
  • 猫の嗜好性にぴったりで、食欲増進におすすめ

ビール酵母

ビール酵母はサプリによく使われます。ビールを作るときに沈んだ酵母をろ過して乾燥させたものです。もちろんアルコール分は抜いているので大丈夫です。

ビール酵母のグルタチオンという物質に抗酸化成分と解毒作用があります。

また主成分はアミノ酸なので、不足しがちになる栄養補給に良いです。肌質や毛艶を良くするためにもおすすめで、排泄の悩みがあれば解消しやすいです。

ビール酵母の良いところ

  • 肝機能のはたらきをサポートしてくれる
  • ウンチの悩みを解消しやすい
  • 毛艶を良くしたいときにも役に立つ原料

オリーブオイル

オリーブオイル

私たちにもなじみ深いオリーブオイルは、猫の便秘に効果的な原料です。でもそのまま飲ませようとしても癖が強いので、うまくいかないことも多いのです。

だからキャットフードから摂取できるのは良いですよね。自然に猫の便通を良くしてあげられます。それも猫にとっての最適な分量をです。

1回でも愛猫が便秘に悩まされたことがあるのなら、とても魅力的な原料ですよね。

オレイン酸が腸のはたらきを活性化させて、オイルが便を柔らかくしてくれるのす。オリーブオイルが苦手な猫でも、モグニャンなら手軽に対策ができますね。

オリーブオイルの良いところ

  • 腸のはたらきを改善して便秘を解消できる
  • 悪玉コレステロールを下げる効果がある

オリーブオイルは猫の毛玉対策にもよく使われますよね。こちらの記事で、オリーブオイルの効果を紹介しています。

猫の毛玉対策にオリーブオイルは効果的?>>

アマニ

アマニはスーパーシードとして有名な原料ですね。猫の餌にも使う所は、モグニャンがプレミアムだと言われる所以です。

たんぱく質、脂質、炭水化物などの栄養バランスが最適で、ゴマに似たような原料。

必須脂肪酸であるオメガ3系脂肪酸を含むので、中性脂肪を落とす、コレステロール値を下げて健康維持に欠かせません。

オメガ3系脂肪酸が取れるだけで、芸能人や著名人が愛用するほど知られるようになりましたね。

猫がアマニに含まれるα-リノレン酸を摂取すると、身体の中でDHAやEPAに変わる性質があります。猫の脳や神経などの大切な部分の異変から守ってくれるのでとてもいいです。

アマニの良いところ

  • 皮膚のターンオーバーを促進する
  • 脳や神経の異常から守ることができる
  • 中性脂肪を落とし、コレステロール値を下げてくれる

アルファルファ

アルファルファはスプラウトという発芽野菜の一種です。ヒョロヒョロとした見た目の野菜で、消化促進作用があります。

モグニャンの原料にはお豆が使われていて、これには食物繊維が含まれています。でも猫によっては、食物繊維の消化が苦手なタイプもいるのです。

愛猫が下痢や軟便に悩んだことが少なからずありますよね。そこでアルファルファの消化促進作用がおすすめになります。

モグニャンのお豆パワーを最大限に生かすための原料がアルファルファです。最近注目を集め始めた野菜なので、猫の身体のことを常に考えられたキャットフードだということが分かりますね。

アルファルファの良いところ

  • お豆に含まれる食物繊維の消化を促進する
  • 身体に不要な老廃物や毒素を排出し、デトックスにおすすめ

バナナ

バナナにはカリウムが含まれていて、過剰な塩分を身体の外に出す働きがあります。猫の高血圧を予防するための嬉しい原料です。

猫の高血圧は、網膜剥離を発症させてしまいます。もともと視野が狭い動物で、視力も悪いです。もっと視力が落ちると、歩き方もよろけて、壁や物にゴツンとぶつかりケガをすることもあります。

また、バナナはスポーツ選手がエネルギー補給に食べることが多いですよね。愛猫の活動エネルギーをグッと高めるためにも役に立つ原料です。

バナナの良いところ

  • 猫の高血圧を予防し、ふらつきを防ぐ
  • 猫の活動エネルギーを生み出し、活発にさせる

リンゴ

リンゴには身体の調子を整える「ペクチン」が豊富に含まれます。

また、クエン酸やリンゴ酸などの活力維持に役立つ成分が含まれるので、「なんだか猫の元気がないかも…。」と悩み始めたときに良いですね。

リンゴの良いところ

  • ペクチンが猫の身体の調子を整える
  • 猫の元気の源である活力を高める
  • 低カリウム血症を予防するためにおすすめ

クランベリー

クランベリー

ジュースにして良く飲まれるフルーツで、猫の「尿トラブルの解消」におすすめの原料です。尿トラブルは猫の悩ましい問題で、クランベリーから摂取できるキナ酸が貴重です。

猫のおしっこの回数が多い、少ない、トイレに行くのに全然していないという経験があれば、とても魅力的な原料ですね。

尿を酸性にする働きがあるので、腎臓への負担を軽くできます。また、膀胱炎の予防やおしっこの臭い改善にもキナ酸がおすすめです。

クランベリーの良いところ

  • 尿を酸性にして尿トラブルを解消する
  • 膀胱炎の予防やおしっこの臭い改善に効果的

かぼちゃ

かぼちゃには、βカロテン、カリウム、食物繊維が豊富に含まれます。

βカロテンは免疫力を高めて、ガンや生活習慣病を予防に良いです。猫も癌の発症率はとても高いので、これを予防できるのは嬉しいですよね。

カリウムには、お伝えしたように高血圧を予防できます。血圧を安定させることができるのもかぼちゃの良いところです。また、食物繊維のもつ毛玉の排泄サポートも猫に嬉しいところです。

かぼちゃの良いところ

  • 猫の免疫力を高めて生活習慣病を予防できる
  • 毛玉の排泄サポートにもおすすめ
  • 高血圧の予防ができるので、血圧を安定させることができる

猫とかぼちゃの関係はこちらの記事で詳しく紹介しています。

猫がかぼちゃを食べるのは大丈夫?食べさせ方や栄養>>

セイヨウタンポポ

ハーブティーによく使われますが、猫のサプリの原料にも使われるほど力強い効果があります。肝臓の強壮剤として使われることが多く、身体のバランスを保ってくれるのです。

便秘気味の猫のウンチの排出をスムーズにする働きもあります。排泄は身体の老廃物や毒素を排出する大切な行為なので、健康維持には欠かせないことです。

しっかり排泄ができれば、猫の肝臓の負担もグッと楽になりますね。

セイヨウタンポポの良いところ

  • 肝臓の強壮剤の働きがあり、身体のバランスを保つ
  • 身体の中を綺麗に保つためにもおすすめの原料

モグニャンキャットフード

モグニャンに危険な成分や原料は使われている?

モグニャンの原料

モグニャンの袋には原料や成分の記載はありますが、猫の身体に良くないものが使われていないかどうかも気になりますよね。

そこで、危険なものは入っていないかどうかをチェックしたいと思います。

添加物は一切使われていない

気になるのは猫の身体に悪影響を及ぼす添加物ですよね。癌のような大きな病気のリスクになるので、モグニャンに含まれていないかどうかをチェックしてみます。

キャットフードによく使われる添加物

  • 酸化防止剤や防腐剤
  • 合成着色料や香料
  • 4Dミール、副産物
  • BHAやBHT
  • 廃棄物
  • エトキシキン
  • 遺伝子組み換え原材料

モグニャンのパッケージを確認すると、これらの添加物は一切使われていなくて、無添加のキャットフードだということが分かると思います。

人工添加物は使われていないと公式にも発表されているので、心置きなく愛猫に食べさせてあげられますね。

アレルギー性が高いものも使われていない

猫も私たちのように餌の影響でアレルギーを持つことがあります。でもモグニャンの成分は、アレルギーが起きにくいように配慮されています。

猫がアレルギーを起こしやすい原料

小麦、大麦、玄米、大豆、とうもろこしなど

モグニャンにはこれらのアレルギー性が高い原料が使われていません。特にとうもろこしは、餌のかさましに使われることが多いので要注意です。

キャットフードに使われる危険なとうもろこし>>

また、原料に使っているひよこ豆、エンドウ豆、レンズ豆は、限りなくアレルギーになりにくいことでも有名ですよね。猫の健康志向が高い飼い主さんたちに大人気の秘密の1つでもあります。

消化に悪い原料も入っていない

猫の消化に悪い原料と言えば、添加物や穀物類です。紹介したようにモグニャンは無添加なので、添加物の心配はありません。

そして、消化に悪い穀物類も、原料を確認すると使われていないことが分かりますね。

小麦やとうもろこしが猫の消化に良くないとされるもので、これらを使わずにお腹にやさしい「グレインフリー」というキャットフードになっているのです。


モグニャンキャットフード

最後に

今回紹介したのは、プレミアムで有名なキャットフード「モグニャン」の成分と原料です。調べてみると、原料や成分の品質の高さ、猫の身体を気遣うグレインフリーという消化に優れた餌であることが分かりますよね。

毎日のキャットフードは、猫を元気に育てるために1番大切なもの。これから「モグニャン」を試したいという飼い主さんのお役に立てれば幸いです。

定期購入にすると、割引も適応されるので、是非試してみてくださいね。

猫と暮らすと抱える悩み…
  • 愛猫の体臭でお部屋の臭いが気になる…
  • 排泄物の臭いが部屋の中に充満…
  • 発情期のスプレー行為で悪臭だらけ…

猫が舐めても安心安全な瞬間消臭スプレー「カンファペット」は、東京都から表彰を受けた特殊な技術で作られています。

猫にも人にも使えて、さらに除菌効果まで。食品の衛生管理にも使われる高い消臭力と安全性があるから、お部屋の中をずっと快適な空気に保てます。

カンファペット

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

NO IMAGE

エキゾチックショートヘアにおすすめのキャットフードと選び方

キャットフード「モグニャン」のカロリー!猫に食べさせる量は?

NO IMAGE

マンチカンのキャットフードのおすすめと選び方!特徴や性格も

子猫が餌を食べない!食欲不振の原因と食べなくなった時の対策

NO IMAGE

シンガプーラにおすすめのキャットフードと選び方!性格や特徴も

8歳以上の老猫のキャットフードの選び方!おすすめ3選を紹介